おしい!^^v

昨晩に見た夢の話ね^^


かつきちの夢にしては珍しく
見覚えのある方々がたくさん登場
子供の頃から大人になるまで
出会った人々が混ざって混ざって
かつきち、ふわー(・。・)~゚ ボーッ. な状態

ある本屋に入る
床スレスレにも本棚
深いブルーのカバーがかかった本
あぁ、これ読みたかったの!
さっそく手にとって見るんだけど
カバーがはずれて、かつきち、ページをめくること叶わず
本の内容を読みたいのに、ひらひらペラペラのカバーが気になって仕方ない

あきらめて本を棚に戻して
本屋の外に出た

外は夜
かつきち、なぜか裸足^^

歩いているといきなり見知った顔に出会う
10数年前にひとときを、大切なひとときを過ごした人
それ以来あってはいない
でもそれなりに10数年の歳月を経た顔をその人はしていた
その人がいきなり、「ナインシャープ!」と言った

かつきち、戸惑う
「ナインシシャープ?居酒屋?」

その人は明らかに不機嫌な顔になって顎をしゃくって道の向こうを示す

道の向こうに明かりが点いたライブハウスが見えた
久しぶりに聴く唄

安藤秀樹というこの世界では不世出の吟遊詩人がライブをしていた

久しぶりにあった吟遊詩人に夢中になっていて
ふと気づくと、ボクをこのライブハウスに導いてくれた人は、どこにもいない

あ!あいつ!どこ!
また、裸足で夜の街の中をかつきちはさまよいだした



起きても「ナインシャープ」という名前が強烈に残っていて
ネットで検索してしまった

出てきたのは、郡山のCLUB
「おぉ!ライブハウス!」と思ったのもつかの間
よくよく見ると、その店の名は「#9」
「シャープナイン」

ナインシャープではなかった^^
スポンサーサイト
明晰夢...いや、体脱だったかも | Home | 今年の桜

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する