久しぶりの明晰夢

朝ふと起きて、布団の上に座りボーっとしていた
目の前にクロスのかかった机があって、そこにハエが止まっていた
またハエが飛んできて二匹が重なる

ふと目を上げると青いガラスの容器が置いてあって
中に虫がいるようで、何やらうごめいている
そこへ蜂の顔が大きく現れて、あの複眼でかつきちをじっと見つめる
かつきちもじっと見つめる

ここでやっと認識がやってきた「あ、これ夢だ」
しかし感情は平坦であくまでもニュートラル
相変わらず青いガラスの容器を眺めていた

容器の中に気持ち悪い虫がメラニョロと這い始めたところで
やっと「気持ち悪い...」と感情が動く

次の瞬間、どこかの寺院の中に移動していた
目の前に黄金の仏像が見えている
いろんな仏像が混じっていて、さらに刻々とカタチを変えていく
仏像とはいえ丸みがなく、カクカクとしたロボットのような黄金仏

ひとしきり眺めて飽きてくると体が自動的に滑りだして
本堂の中を移動しだす
足元にはなぜか玉砂利が敷き詰められていて、それを拾っては捨てるを繰り返した
そして本堂の外へ出る
ここで「やっぱ不思議だなぁ、体は寝ているんだよねぇ」と考えてしまい
「いけね!しまった!」と思った瞬間、目が覚めてしまった



夢の中でひたすら一点を見つめると明晰夢になるといいますが
ほんとにその通りになりました^^

そして夢の中で今寝ている自分の体のことを考えると夢が覚めてしまう

なんていうかキレイにセオリー通りな展開となりました^^b
スポンサーサイト
名残の雪 | Home | メンタルブロックがまた一つ見つかった♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する