かつきち、リラックスモード(庭園シリーズ第2弾)

かつきちの庭園をめぐるシリーズ第2弾^^v

今回は旧古河庭園六義園でございます。

まずは旧古河庭園へ
敷地に入ると外の喧騒がふっと遠くなる
そして空気が変わる
外の空気とは明らかに違う
なんとも言えない柔らか~い空気
これが波動が高いってことなのか...な

まず現れるのが洋館のお屋敷、どーん!
20180106_1.jpg
テレビのロケでもよく使われるので、あー、見たことある!ッて感じかも

武蔵野台地の端っこの崖を利用して建てられています
崖の下から見上げるお屋敷
20180106_3.jpg

そして一段下がったところには洋風の庭園がこさえられております
20180106_2.jpg

さらに崖を降りきったところは、純然たる日本庭園^^
20180106_5.jpg

写真ではわかりづらいけど、滝もあったりして
20180106_4.jpg

とても静かで穏やか、気持ちもゆったりとできる庭園でありました。

そして、この旧古河庭園から歩くこと20分弱のトコロに六義園があります。
ここも敷地に入った途端、空気が変わった
やはり柔らか~い、穏やか~な空間が広がります。
20180106_6.jpg
この六義園、なんでも和歌山の和歌の浦を模して作られているとのこと
この池も和歌の浦なんです^^
20180106_7.jpg

池の周りをぐるっと一周、とにかく広い
しかもいろんなミニチュアの景色を楽しめる
アトラクション満載の庭園です

ある池の畔の一角に差し掛かったところ
かつきちの頭がフワーッとなった
これは各地のパワースポットと呼ばれる聖地で感じたのと
まったく同じ感覚
やっぱりこの庭園もパワースポットなのだな、と納得
かつきち、こっから完全リラックスモード
庭園をゆったりとメグリます

ここにも滝があったりして
紀の川の上流をイメージしているとか
20180106_8.jpg

藤代峠と名付けられた小山の上から
20180106_9.jpg

お茶屋もあったりして、甘酒で温まりました

いやぁ~、庭園、いいねぇ^^b
若い頃はまったく理解してなかったけど
そろそろ良さも分かるお年ごろになっちまったかな^^
スポンサーサイト
体脱日記(やっぱり超短) | Home | かつきち、都心の隠れパワースポットへ(庭園シリーズ第1弾)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する