かつきち、初秋の上高地へ(しょの6)

松本までは空はびっしりと雲に覆われていたのだけれども、雨は降らず
列車が塩嶺トンネルを抜けると、窓の外はびっしょり雨の世界でありました

西からは台風がやってきている
このまま帰るか、どうするか

えいやっと甲府で乗り換えるかつきちでありました^^

甲府から身延線で静岡に向かう
汽車は富士川沿いを走っていく
沿線の景色を眺めていると
「あぁ、静岡に入ったんだなぁ」と分かる
茶の木が植えられているから^^
そしてその茶の木は狭い狭い土地に
申し訳程度に植えられている

かつきちは幼いころ
狭山丘陵が関東平野に雪崩れ込む
乾いた土地に住んでいたので
お茶の木を見るとそれと分かる

そして静岡
いつもの興津の健康ランドに泊まる

で、仮眠室の夜...

(続く)
スポンサーサイト
かつきち、初秋の上高地へ(しょの7) | Home | かつきち、初秋の上高地へ(しょの5)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する