かつきち、初秋の上高地へ(しょの5)

穂高神社の奥宮の社務所で300円を納めて、いざ!明神池へ
こちらは一の池
20170917_17.jpg

かつきちの他にはカップルが一組だけ
池の水面はさざなみ一つ立たず
ひたすら静謐な空間が広がっています

そして二の池
20170917_13.jpg

カップルはいつの間にか去ったようで
この空間をかつきち、一人占めであります^^v

一の池と二の池は岬のようになった陸地で区切られていまして
こんな木道があったりします
20170917_11.jpg
はは~ん、これが織子さんの言っていた木道だな
この木道の先っちょが超絶パワースポットとのこと
んで、先端に立ってみた

ん~、特にパワーを感じない^^;
かつきちのセンサー発動せず
まぁ、あまりにもパワーが強すぎて、かつきちのメーターが振りきれてしまったのだろう、ということで^^b

ん?
20170917_14.jpg
木道が途切れた先は池の岸辺
せっかくだから水際まで足を踏み入れた

ふと左を見ると、また木道発見!
20170917_19.jpg
なんだ、まだ先に行けるんだ、とずんずん進んでいく

そして真っ直ぐ一本!の木道出現
この先っちょがほんとの岬の先端でした
20170917_15.jpg
織子さん情報はこっちのことだったのね

木道の先端に立ち、目を瞑る
ほわ~っとした、やわらか~い、ものすごく気持ちいい~空気が流れている
寒さもとうに和らいでいた
目を開けて空を見上げる
穂高の山々がどーんとそびえ立つ
20170917_16.jpg
空一面覆っていた雲の一部が薄れてきて薄日が差してきた
かつきちの頭の真上は、ほんのりうっすらと雲の紗をかけた青空が覗いていた

そして目を落として池を眺めると、鴨さん登場^^
すーっと音もなく、立ち尽くすかつきちの前を横切って行く
20170917_18.jpg

あぁ、オレ、歓迎されてる、と実感( ´。•ω•。` )
優しい波動に包み込まれて、しばらくぼーっしていた

そのうち、他の観光客が入ってきた気配
ひとりじめのお時間終了^^
明神池を後にしたのでありました

帰りは来た時と梓川をはさんで反対側の遊歩道を歩く
こちらは梓川の近くを付かず離れず行くルートで、常に梓川の流れが聞こえている
森のなかでは下生えの熊笹がうっすらと香りを放っている
多少アップダウンがあるものの、基本的に下り坂
途中に木道を渡した区間もあったりして、楽しい道です
20170917_21.jpg

そして河童橋に戻りついた
名残を惜しんで最後の一枚
20170917_22.jpg

バスターミナル10:05発の、それでも満員のバスに揺られて
下界へと戻ったかつきちでありました

(続く)

スポンサーサイト
かつきち、初秋の上高地へ(しょの6) | Home | かつきち、初秋の上高地へ(しょの4)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する