かつきち、初秋の上高地へ(しょの3)

バスを降りたら、とにかく寒い!
ひんやりとした冷気が流れている
吐く息はうっすらと白い

さて、上高地バスターミナルには
かつきちのように直行バスで来るのもいれば
沢渡にマイカーを置いて、シャトルバスでくる観光客もいる
まだ朝の7時台だっちゅうに、結構な人の出

こっからものの数分で河童橋に着きます
20170917_06.jpg

そして補高、どーん!
20170917_07.jpg
残念ながら、スカッとした青空のもと、というわにはいかず
しかしこれはこれで神々しいものを感じます

そして水の清さに畏れおののくかつきち^^;
梓川の結構な激流、奔流にもまったく濁りというものが見られない
透明な透明な水の流れ

河童橋から遊歩道は森のなかへ入っていく
キャンプ場に差し掛かったところで、再び催す^^
以下、割愛

森のなかの遊歩道はアップダウンがほとんどなく歩きやすい
遠くに梓川のせせらぎが聞こえている
ものの30分ほどで明神の分岐点に着いてしまった
こっから分岐を曲がって明神池へ向かいます

こちらの道では全くと言っていいほど観光客に会わない
しばらくすると梓川にかかる明神橋に差し掛かる
20170917_08.jpg
ん?
20170917_09.jpg
なんと野生のお猿さん登場^^
写真の左に写っているハイカーがそばを通っても動く気配なし
もうこれは穂高の神様が遣わした歓迎のサインでしょう^^v
メンチ切ったと思われないよう、横目でそーっと眺めながら
お猿さんの横をすり抜けた

とにかく、とにかく透明そのものの水、水、水
20170917_10.jpg

明神橋を渡ったら、明神池はすぐそこです

(続く)
スポンサーサイト
かつきち、初秋の上高地へ(しょの4) | Home | かつきち、初秋の上高地へ(しょの2)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する