かつきち、初秋の上高地へ(しょの2)

松本でゲストハウスというものにはじめて泊まった
相部屋形式の宿で昔味噌樽が置かれていた部屋に
2段ベッドを配置して、食事なし素泊まりだけの宿
ユースホステルみたいなもんだね
宿泊料金も3000円でお釣りがくる程度

チェックインの時に「上高地へ行きます」と伝えると
「台風が来てますからねぇ、プランBを用意しておいたほうが」
とスタッフの方からコジャレたアドバイスをいただく^^

台所が共用になっていてだれでも使えるようになっている
が、ものっそすごいキムチ臭
これはまいった^^;

夜はスタッフのかたに紹介してもらった居酒屋に行った
...残念ながら、はずれ
とはいえ、おもしろい日本酒を発見
パンダ祭り
ネタで造った酒かと思いきや、ちゃんとした日本酒でした^^
しかしなぜにパンダ...

結局へべれけになり、宿へ戻る
2段ベッドにバタンキュー
ほぼ記憶なし^^;

そして翌早朝
静まり返った宿を抜け出し、まだ暗い松本の街をテクテク歩いて
松本バスターミナルへ
松本から上高地へ直行するバス、5:30発
どでかいリュックをしょった登山客たちとともに
バスに乗り込むかつきちでありました

バスはどんどん標高を上げていく
車窓にはすでに刈り取りが終わった田んぼ
まだこれから刈り取りを待つ田んぼ
そして合間合間に蕎麦の畑があって
いままさに蕎麦の白い花が満開

ちょっとウトウトして、はっと気づくと、バスはすでに山の中
釜トンネルを抜けて、さらに上高地トンネルを抜けると、風景が一変した
沿道の森のなかに白樺がたくさん生えている
なかには巨木と言っていい白樺の木も

バスが大正池に差し掛かった
池を見た瞬間、かつきちのイヤシロチセンサー発動!
左半身にゾワゾワと鳥肌立つような粟立つ感覚が
あぁ、ここは上高地全体がもうパワースポットなのだなぁ、と実感

と、ココでかつきち、催す
ンコがそろそろ出るよ~と腸からのお知らせ^^;
そーゆえば、朝起きてからまだ出してない

上高地バスターミナルについて、トイレに駆け込む
が、トイレはチップ制、100円!
あわてて財布をまさぐるも、何故かこういう時に限って
50円玉と10円玉ばかりジャラジャラと出てきて
肝心の100円玉が出てこない

なんとか1枚見つかって、かっぱの料金箱にポイ
便器に座り込んで、ひとまずホッと一息

が、もう出口近くにいるはずのコが出てきてくれない
ここで気づく、あぁ~、かつきち、またやってしまった
昨日飲んだバリウムだ
排出しきれなかったものが腸のどっかに引っかかっている
そして昨夜、しこたま日本酒を呑む
アルコールに対処するため、腸君はせっせと水分を再吸収する
ほんの僅かでも残ったバリウムはカチンカチンとなっていく
固い凶器の塊のできあがり^^v

毎年繰り返す、学習しないかつきち^^;;

いきんでいきんでふんばって、半泣きになる頃、コロンとそのコは出てくれた
ヒリヒリする
粘膜が確実に擦りむいている
イテテ...と言いながら、10分ほどのロスで河童橋へ向かうかつきちでありました

写真まで辿りつけなかった^^;

(続く)
スポンサーサイト
かつきち、初秋の上高地へ(しょの3) | Home | かつきち、初秋の上高地へ(しょの1)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する