ムーからの手紙を読みに大阪へ(しょの2)

住吉大社を後にして、また南海電鉄に乗る
この路線は、なんていうか小面憎いというか、小憎たらしいというか
小粋な駅名が続く^^

そのなかでも一番”憎い!”駅名「羽衣」で乗り換えてJRへ

そして降りたのは「鳳」駅でありました
ほんと憎たらしいよねぇ
わざわざ「鳳」だって^^v

で、駅からぽてぽて歩いて大鳥大社へ

途中の小学校の壁画
20170827_12.jpg
あで?どうみても、これ、だんじり祭...
ここ、岸和田ではないよね...

あとで調べて、初めて知った
だんじり祭って、岸和田だけのもんじゃなかったのね
かつきち、はじめて知りました^^;

で、大鳥大社
20170827_11.jpg

参拝客も少なく
静かな静かな境内であります

20170827_09.jpg

境内の空気は、慌てず騒がずゆったりと、地に足をつけて生きてきた
そんな男がふんわり笑みを返してくれるような
かつきちのとって、この上ない癒しの空間でありました

さて、参拝を終えて境内をウロウロ
あれ?こんなとこに道がある
ずんずん進んでいくと
本殿の裏に、怪しすぎる祠に出くわした
20170827_10.jpg

これ、何(?_?)
境内の案内図にもなんにも書いてなかったよ

石の手前の鉢には線香を炊いた跡が
そしてガラスの地球儀が供えられている

あとでネットで検索してみたら「明神影向石」というものらしい
不思議な空間だったなぁ

妙に立ち去りがたい場所ではあったけれども
このあと、今回の旅のメインが控えている

信太山駅へと向かうかつきちでありました

...信太山...なんかどっかで聞いたことあるような...

(続く)
スポンサーサイト
ムーからの手紙を読みに大阪へ(しょの3) | Home | ムーからの手紙を読みに大阪へ(しょの1)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する