またしても「プチ」体脱

ちょっとさぁ~、どうなってんのよ、ガイドさ~ん
また「プチ」よプチ!



昨日の日曜の明け方
脳みその中心がビリビリとまではいかない
ジジジジジジジという感じでしびれていることに気づいた
体は動かない
なんか初めての感覚だけど、これも金縛りだよね
と思いながら、体の回転をイメージする

ゆったりとスムーズに体は回転していく
仰向けになったところで回転は止まった
よいしょっと立ち上がる^^
そしてついでに机の上のデジタル時計を手にとって時間を見た
「12:52」

あれ?普通の時間の表示だと、拍子抜け
でもその机、こっちの世界の部屋にある場所とは全く違うところにありました
ただ体脱しているそのときは何とも思わず
ガッツポーズ&お散歩開始!

キッチンを抜ける
あいも変わらず暗い
玄関のドアを開ける...前に
ふとキッチンに置いている姿見に自分を映してみた

ちゃんと自分の顔が見えた^^;

そしてドアを...すり抜けるのはもう諦めた
手でノブを回してドアを開けて外にでる

外は冬の夕方のような弱~い日差しの明るさ
そして一面の更地!
そして更地の真ん中に巨大なマンションが絶賛解体中

マンションは遥かな天上から地の底まで
フロアごとに解体作業中の作業員やら重機やらが見えていた

ほぇ~っ(@o@)
となったところで体に戻ってしまった



なんで?
なんで、「プチ」ばっかしなんだ
最近の体脱は!

以前のほうが、もうちっと長くアストラルに滞在できていたのに!
もっともっとアストラル界を散歩、探検したいのぉ!
ガイドさん!頼むよ、チカラを貸して~

あ、今思いついた
あのマンションはバベルの塔だったんだな
かつきちの宇宙のバベルの塔=プレアデスがとうとう解体されるときに至ったのだな、と
スポンサーサイト
かつきち、京都で箱を作る、の巻(その1) | Home | そして旅は終わる

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する