かつきち、紀伊半島を横断する

さて、今回の旅で敢えて行程から外した場所が2箇所あります
ひとつは足摺岬で、ココは結局行ってしまった

そしてもうひとつが高野山です
さすがにG.W.、観光客でいっぱいだろうと
で、ここへは足を運びませんでした

その代わりとゆってはなんですが
高野山のお隣(?)の丹生都比売神社へお参り
朝早くに笠田(かせだ)という難読駅から
コミュニティバスに乗って天野の里へ

紀の川を渡ったらバスはゴインゴインと山道を登っていく
そしてトンネルを抜けたらそこは、天野の里...
20170513_4.jpg

神社の前でバスを降りる
山里は静寂の中、蛙の鳴き声しか聞こえてこない
ここは盆地全体がイヤシロチになっているのでは
というほど心地よい
あぁ、「まほろば」ってこういう土地のことをいうんだな、と感じた

20170513_1.jpg
赤い鳥居の無効に太鼓橋が見えます

20170513_3.jpg
拝殿

20170513_2.jpg
本殿、屋根が4つ並んでいる珍しいタイプ

帰りのバスまでかなり時間がある
周辺を散策
こんなの見っけた
20170513_5.jpg
光明真言が彫られているのだそう
明治の廃仏の前は、ここもお寺と神社が一緒になっていて
その名残らしい
周りに誰もいなかったので、遠慮なく光明真言を唱えさせてもらった

通り雨がさーっとまほろばの里を濡らしていく
やがてバスが来て、また笠田の駅へ戻った

さぁ、こっからはひたすら汽車に乗って、静岡を目指します

JRで奈良の高田へ
高田から近鉄線で紀伊の山中を抜けて伊勢湾側に出る
伊勢湾沿いを北上して名古屋に入った

こっから新幹線
この日はG.W.&土曜日
新幹線のホームはごった返している

その混雑を尻目に、かつきちは駅弁と缶チューハイを2本買い込む
やがてホームに入ってきたのは、名古屋始発のこだま号
案の定ガラガラ、作戦成功!^^v

ガラ空きの車内で、車窓を眺めながら
ゆっくしと呑んで食って、こだま号は静岡に着いた

こっから興津に入り、定宿となっている健康ランドへ
大きなお風呂にドボン、旅の疲れを癒やす
今回は奮発してキンメの刺し身で一献
仮眠室でバタンキュー

そして、明け方頃...

(続く)
スポンサーサイト
そして旅は終わる | Home | かつきち、四国を去る

コメント

いいなあ。

読んでいるだけで一緒に旅をしているような気分になるほど語り口調が心地良くて、以前からずっと文章上手いなあと思ってましたが、写真もすごく上手なんだ!と今更ながら気が付きました。

いいとこだなあ、ここ行ってみたいなあ〜
という気持ちが静かに膨らんできます。

こだまで一杯やるのも乙なものですね(o^^o)

2017/05/27 (Sat) 18:36 | あやにゃん #- | URL | 編集
天野の里はおすすめ^^b

なんかねー、「桃源郷」ってこういう場所なのかな
と思わされるところでした

ボケボケの写真で申しわないなと^^;

名古屋の駅で「こだま」を待っていると
表示板に「各駅停車」と出てた
「新幹線」と「各駅停車」ってなんか結びつかないけど^^;

お急ぎでない場合は、「こだま」、おすすめですぞ^^v

2017/05/27 (Sat) 19:43 | かつきち #- | URL | 編集
まさかの

和歌山、しかも丹生都比売神社。
近々天野に友人と行く予定です。
自宅から案外近いのですが行けそうで行けないところです。

写真見て気分が高まりました。
写真も上手いですが被写体を見つける感度も素晴らしいぃ~

天野の里の米、おいしいですよ。

2017/05/31 (Wed) 16:15 | でりあ #- | URL | 編集
分かる気がする^^

>行けそうで行けないところです。
ほんとそう思う
かつきちも多分、このパラレルでは最初で最後の訪問だったと思う^^;

ボクも願わくば、青空の天野の里を眺めたかったなぁ

>天野の里の米、おいしいですよ。
あぁ、そうだよねぇ、って素直に思う
あの里全体がイヤシロチになっているトコロを見てしまったから
そこで育まれるコメがまずいわけがない^¬^

2017/05/31 (Wed) 22:48 | かつきち #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する