そして雨に降られる

降りた駅は長瀞駅

ここから宝登山神社へ向かいます
この時点でまだ雨は降っていなかった
予報は雨が降ると出ていたけれども
えいやっと傘を持たずに出かけてきたかつきち^^v

20170410_20.jpg
駅前の大鳥居を抜けて、長い緩やかな坂道を登って
境内に入る頃から、雨がぽつりぽつりと落ちてきた

この鳥居をくぐる頃には、さらにパラパラと降りだす
20170410_22.jpg
とはいえ、ここまで来て引き返すわけにも行かず
拝殿へ

20170410_23.jpg

そして境内に坐す宝玉稲荷神社にもご挨拶&お願いごと
20170410_24.jpg
もう傘が無いとつらいな...という降りっぷり

このあとロープウェーで山頂に行くつもりでいたけど断念
早足で駅へ戻る
...が、境内を出て長い坂道を下り始めると、雨が止む

あら...これって歓迎されていないサイン?
いや、禊の雨だと思っておこう^^;

雨も止んだし、このまま帰るのももったいないなぁ、と思い
途中「通りぬけの桜」なる看板を見つけ、そちらへ足を向けた

20170410_25.jpg
すてきな里山の景気に大いに癒されるかつきち

山道をトコトコ辿って行くと、ロープウェーの麓の駅に出てしまった
雨も止んだし...登っちゃうか

ところがロープウェーが動き出した途端
車体に大粒の雨が打ち付けてきた
山頂の駅は雨の中
でも傘がなくても行けるかも...えい!と宝登山神社の奥宮を目指す

奥宮につく頃には雨はザーザー降りとなる
周囲はガスが出て幻想的な雰囲気
などと言ってる場合じゃない^^;
おかげでスマホで写真が撮れなかった

雨に濡れながらロープウェーの駅に戻り、そのまま下山
長瀞の駅に戻ってきた時には、雨もほぼ止んでいた

そしてそのまま帰途についたかつきちでありました

うーんお社の前に出ると雨が降り出す
やっぱ歓迎されざる者だったか、かつきち君^^;
スポンサーサイト
夢についてメモ | Home | 感じるかつきち

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する