飯能の宿にて

酔っ払ってホテルにチェックイン
さすがにバタンキュー

の前に、スマホのアラームをセットして
ベッドの枕元に置いて
部屋の電気を全部消して
ヘミシンクの音源を聞きながら
今度こそバタンキュー^^

時間がどれくらい経ったかはわからないけど
途中、イヤホンがうざくなって
耳からとりはずし、ヘミシンクは終わりにして
またぐっすり

そしてスマホのアラームが鳴って、枕元のスマホを手に取る
枕元の照明が点いていた
その明かりで時刻を見る
「0:20」と読んだ瞬間に「1:30」に変わる
数値がどんどん変わっていく

え。。。と固まった次の瞬間気づく
「これは夢だぁ!^^v」かつきち、ガッツポーズ

その途端、目の前が真っ暗になる
かつきち、「あぁ、これまだ体の中なのね、じゃぁ、回転して出よう」
とローリングを試しだす

半分くらいまで体は回転したんだけれども
体脱には至らず
クリックアウトした

次に気づいた時は、緑色の部屋が見えていた
かつきち、階段の上からそれを見ている
半分、夢だと気づいていて、もう半分は夢の中
50%の明晰夢

とりあえず階段から飛び降りて、緑色の部屋にダイブした^^

場面が変わる
どこかのオフィスを訪れた
パーテションに区切られた机が並んでいるフロアー
机の上はまっさらで何もなく、人っ子一人いない

つんつくてんとスキップを踏みながらフロアーを進むと
コンビニのような売店の中に出た

女性の店員さんがいる
顔がどうしても見えない、認識出来ない
「あぁ、マサトさんの最近の記事にこんなんあったなー」
と明晰度50%の頭でぼんやりと思っていた

ら、今度はホントに目が覚めた
時刻は4:00

この後、5:00にホテルを出て、飯能の駅へ向かう
おもいきし道に迷った^^;
酔っ払っているときはすんなり行ったのに
なぜにシラフで迷うのか

なんとか駅に辿り着き、ガラガラの電車で西武秩父へ向かうかつきちでありました

(続く)
スポンサーサイト
朝もやに巻かれて | Home | かつきち、春の秩父路へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する