お子ちゃまの頃の、夏休み大旅行

幼い頃、一度だけあった^^

その頃、家族は東京の端っこも端っこの
川を越えれば埼玉という
谷底の団地に住んでいた

オヤジが新車を買った
クリーム色のトヨタのカローラ

それで、オヤジの実家の北海道へ帰ることになった

助手席の背もたれを外して(これ、今やっちゃダメなんだってね!)
折りたたみのベッドをセットする

オヤジは長距離トレーラーの運転手だったので
基本、夜走って、昼間寝る

夜、オヤジ、ひたすら車を走らす
助手席、お袋とオレ、ぐぁ~寝ている

昼間、オヤジが常連のドライブインの畳でぐぁ~寝る
母子、なんとか時間をつぶす^^

ある夜、東北のどこかで信号待ちしているとき
お子ちゃまかつきちが、むくっと起きた
そしてオヤジを見て
「あれ?お父さん、寝ないの?」
と聞いた、らしい(覚えていない^^;)

それがオヤジには印象に残っていたらしく
その後、酔っ払うと必ずそのエピソードを口にした

その後、夏休み、冬休みには
オヤジのトレーラーに乗せられて
普段にない、オヤジと二人っきりの旅をしました
楽しいこともあったし、気まずいことも...^^:

てなわけで(ムリクリ^^)
かつきち、ちょいと旅に出たくなりました

報告、楽しみにねー!^^v
スポンサーサイト

かつきち、根津の狸さんに会いに行く

こないだの日曜日、根津の権現さんにお参りに行ってきました

てのは、江戸の頃の言い方^^
必殺シリーズの中に「必殺商売人」という
忘れ去られた名作があります
草笛光子扮する艶そのものの踊りの師匠おせい、そして裏の顔は裏家業の元締
そしてその元旦那で梅宮辰夫扮する箱屋の新さん
そこに中村主水と火野正平扮する正八が絡んでくる
必殺名物(?)の若手殺し屋が全く出てこない異色のしっとりムードの1編でありました^^
その第1話で、その後チームを組むことになる
裏家業の面々が仕掛け合うシーンの舞台となったのが
今回の根津神社であります

かつきちは、東京に20年以上住んでいながら
根津を訪ねるのは、たぶんこれが初めて^^;

そんな縁がなかった地に足を踏み入れたのも...
うん、そうなんだ、ぴんと来る人には分かる、識子情報です^^

さすが根津、あぁ戦災を免れたんだろうなぁ、という建物が見受けられる
この写真は経師屋さん
20160724_7.jpg

地下鉄の駅から5分ほどで根津神社へ
20160724_1.jpg

まずは本殿にご挨拶
20160724_5.jpg
かつきち、もうこの時点ですでに、頭がふわ~っというか、ほわ~っというか
いいコンコロモチに陥っています^^;
体中をビリビリしたものが走くり回るような強烈な聖地ではなく
やさしいやさしい、ほんわかとした聖地です

さて、この神社、境内にはお稲荷さんが二社坐してます
一つが駒込稲荷、もう一つが乙女稲荷

駒込稲荷は、きりっとした、背筋がシャンとなるお稲荷さんです
20160724_2.jpg

そして乙女稲荷
こんな赤鳥居のトンネルがありまして
20160724_3.jpg
こんなお社がございました
20160724_4.jpg
狛狐さんがいらっしゃいますが
識子情報ではこのお社の神様は狸らしい

かつきち、キツネも好きだが、タヌキはもっと好き
以前にも記事にしたけど
体脱中にキツネとおぼしき男性と、タヌキとおぼしき女性に出会ったが
やっぱし、タヌキさんの方が親しみが湧くんだよね^^v

タヌキの神様に「大好き♪」と一方的にエールを送り
ついでにお願い事をした

そして本殿にもどる
ますます、ほわ~ん、ふわ~んとした心地が強くなってくる
あぁ、オレ、癒されてしもうとる...
オレ、絶対またココ来たい...
と自然と思わされている、かつきちでありました

かつきち、根津の狸さんに会いに行く

という記事をアップしようと思ったら
いろいろ障害が生じて立ち往生^^;

今日は断念_(┐「ε:)_ズコー

かつきち、夢で遭難する^^;

海辺で遊んでいた

入り江の奥側が深いプールのようになっていて
外海とはコンクリートの壁のようなものでしきられている

そこへかつきち、ダイ~ブ^^
ひとしきり泳いだり潜ったりして遊ぶ

ふと壁の外を見ると
たくさんの人たちが楽しそうに泳いでいる

なんだ外海でも泳げるんじゃん!
と壁の外へ泳ぎだした

はっと気付くと、周りには誰も泳いでなくて
先ほどの入り江が遠くに見える
しまった!流された!と思い
しゃにむに入り江へ向かって泳ぐが一向に近づくことができない

体が動かなくなってきて
こりゃ、だめか...とあきらめたところで
いきなり、ちょっと小洒落た海の家の前にぼーっと突っ立っていた

女性のスタッフが声をかけてくれる
が、かつきち、まともに口がきけない
やっとのことで「遭難しました...」と告げる

女性は「やっぱり!」といいながら、店のマスターらしき人を呼んできた

そしてマスターにひとしきり説教をくらう^^;
なんでも事前に注意事項を説明したのに
かつきちは全く聞いていなかったらしい

え...そんな説明聞いてないんだけどなぁ...
記憶に全くないのに...

と思ったところで目が覚めた

久しぶりの明晰夢

今朝方、2度寝の中で...


中華屋のような、食堂のような
赤色のカウンターに座っていた

財布を取り出して、500円玉と100円玉を取り出した...
つもりが、手を見ると↓こんなカタチをした
20160710.jpg
金色と銀色のプレートが2枚収まっていて
プレートには何か刻印がされていたけれど
残念ながら覚えることはできなかった

かつきち、困惑...
えぇ...あの...お金...
じっとプレートを眺める

ここで、どこかから認識がやってくる
あ、これ夢だ!ピコーン(⊙∀⊙)!
久しぶりの明晰夢にテンションがあがったかつきち
何度も「これは夢だ!夢だ!」と叫んでしまう^^;

ビジョンはクリアー
んだけれども、空気というか空間が若干固い感覚がある
圧力が強いというか...言葉にするのが難しい

すると、そばに座っていた女性と目があった
その目はなにかを期待するようにキラキラしていた

が、何も話をせずに、そのまま店を出た

外は道の駅のような施設になっていて
広々とした空間が広がっている
空は真っ白、でも結構明るかった
駐車スペースには車がたくさん停まっていて
人もそれなりにいるのが見えた

青と白のストライプのテント屋根の下にテーブルや椅子をセットした
休憩スペースが並んでいる場所まで来たところで
ふと思いつき、大声で「ガイドさ~ん!」と何度か呼んでみた

すると向こうから中年の夫婦連れらしき人が近づいてくる
「おっ!」と期待するも、その二人連れは道を曲がって
かつきちのところにはやってこなかった^^;

また歩き出す
一段低いところに広場があって
そこへ降りる大階段が出てきた

どうせなら階段の上から空を飛んでみようと駆けだした
最上段からジャ~ンプ...しようとして怖くなり体が固まる^^;
再挑戦、ジャ~ンプ!
体がふわりと浮いて、広場の上を滑空していく
よくは見えないけれども、かつきちの右斜め後ろに
誰かくっついているような気配があった

ここで記憶が途切れる
目が覚めた


明晰夢を見るには、夢の中で1点をじっと見つめるというのがありますが
そのセオリー通りの展開と相成りました^^v

「これは夢だ!」と気付く瞬間ですが
かつきちの中から認識が湧いて来たというよりは
外から飛び込んで来たという感じが強いです
ヘミシンクでいうアイデントって感じ

今思うに、最初に食堂で目があった女性
あれがガイドだったのかも
それに気付かず、大声でガイドを呼んだかつきち^^;

もう、ガイドならガイドってゆってよ!
恥ずかしいぢゃないか٩( 'ω' )و

これもアセンションの印か...な^^

スマホに変える前、絶対にやるまいと決めていたことがあった
それは「LINE」!
個人情報が漏れたり、その他いろいろとイヤな話を聞くから

それだのに、あぁ、それだのに
永年つきあいのある連中に誘われてしまい
つい手を出してしまった^^;

そしてそして驚いたのが
10数年間、音信不通だった野郎と連絡が取れた!( ゚Д゚) ス、スゲー!

マサトさんが、3つのパラレルに収束していく過程で
毎日顔を合わせている仲でも縁が切れることがあるし
疎遠だった人と突然つながりが再開することもある
とゆってた

今回のちょっとした出来事も
もしかしたらもしかしたら、アセンションのサイン...かもしれない^^v

超絶、サイン、来たぞな、もしかしてぃ!^^

夕刻、横浜に嵐のような通り雨
雷を連れていました

30分ほどで雨は過ぎていき
その置き土産
20160704.jpg

ボクにとっては超特大の「Yes!」でした^^v
この画像を見た人にとっても、そうでありますように
(それがエンパスってヤツですかね、ムフフ^~^)

無事開通なのら!^^b

スマホ設定終了ー!^^v

電話、メール、ネットすべてつながりました
2時間半くらいか

わからないところはインターネットに聞けば一発だし^^

ただ一点失敗したのはモバイルSUICA!
機種変更手続きをすっかり忘れていた^^;
結局再発行手続きが必要になって
手数料510円とられてしもうたでしゅら(´_`)トホホ

遅ればせながら

一夢庵さんに遅れること一ヶ月あまり(別に競争してるワケぢゃない^^;)
かつきちもスマホをゲットしました-!

とはいえ今やっとSIMカードをセットして、充電をはじめたところ

つながるのは夕方くらいか
大苦戦がボクを待っている^^b