体脱でもなく明晰夢でもなく

なんで、かつきちは体脱や明晰夢に興味を持ったのか

子供かつきちはスピ系の経験はまったくなかったので
忘れてるだけなのかもしれないけど^^
(パラレルワールドに入ったようなことはあったけど
それはまた別の記事で)

幼稚園くらい、いや小学校にあがっていた頃かもしれん
体脱も明晰夢もなんも知らない頃、夢を見た

エレベーターに乗る夢

そのころのかつきちの周りにはエレベーターなんぞなくて
都会のデパートでしか乗ったことのない乗り物だった

そのエレベーターに子供かつきち一人だけ乗る
登っていく
体感的にぐんぐん加速していくのが分かる
Gがのしかかってくる

「わー、何これー!いやー!」となったところで
エレベーターの扉が開く

そこはデパートの屋上だとボクは思った
そして誰一人としていない
紙皿などのゴミが散乱していた

夜ではなく昼間らしい
でも太陽もなく青空もなく、空は曇っているよう
淡い淡いひたすらブルーに満たされた世界
雨脚途絶えた夜明けと言った案配

そこにぽつーんと一人子供かつきち
「なんだろー、これー?_?」と思いながら目が覚めた

その後、強い強いGのかかるエレベーターの夢を何度か見た
内容は今となっては覚えていないのだけれども
「あ、またあのエレベーターに乗ったな」てのは感じていた

「これ、なんだろー、これ、なんだろー」と思い続けるも
親に聞くこともできず(聞いても答えが返ってこないことは分かっていた^^;)
もんもんと過ごす日々

それから何年も経って「幽体離脱」なる言葉に出会ったのはどこだったろう
雑誌の「ムー」あたりだったんじゃないかな
モンローさんのことを紹介した記事だったと思う

あ!これかも!と思った
スポンサーサイト

太陽は丸い

小学校1年の時、理科の授業で
「太陽を見てみよう」というのがあった

校庭に出て、真っ黒いフィルターを通して太陽を見る
フィルターの向こうには緑色のまん丸い太陽が見えた

「あ!太陽って丸いんだ!」と感動する鼻垂れかつきち
たわいもない^^;

感動したことは確かに覚えている
が、今となってみるとなんで感動したのかが解せぬ^^

おいおい、こどもかつきちよ
おまえは太陽のカタチをなんだと思っていたんだ?
しかもまん丸い夕陽はなんべんも見ていたはずだろうに

もしかしたら昼間の太陽は丸くないとでも思っていたのか...
「太陽=まぶしい」ってだけで、カタチなんぞ考えもしていなかったのか...

直接聞くことができたとしても、きょとんとされるだけだろう
うーむ、大人の目から子供の感覚をつかむのは難しいなぁ^~^;

失敗ヘミシンクと思いきや瓢箪から駒

昨日のこと、いつものように職場の昼休みにヘミシンク

YouTubeで「binaural beat」で検索した中から適当なモノを選んで
「ガイドさん、おまかせでおねがいしまーす」
と机の上につっぷす

が、「自我のおしゃべり」が延々と止まらない
「あー、こりゃダメだなー」とあきらめたところ
なんの脈絡もなく「テレポーテーション」という言葉が浮かんできた

「テレポーテーション...できたら便利だよねー」と
間抜けなことを思っていると、ふとあることが想起されてきた

中学生の頃どっぷりはまった平井和正の「幻魔大戦」
主人公の東丈は絶大なテレキネシスを持ちながら
物語のはやいところで自らの力を封印してしまいます
曰く「”力”に頼ってはならない」と

そんなエピソードを思い出していた
そこへいきなり「彼は彼...」という声が聞こえてきた

ここで、あっ!と気付く
「これって、メンタルブロックのひとつでは」
メンタルブロック=刷り込まれた無意識の思い込み、ね

かつきちの癖に気付かされた
超能力のことを考えるとき、必ずセットで東丈の「”力”に頼ってはならない」を思い起こしていた
そして、かつきちも”力”に頼ってはいけない、と思い込んでいた、無意識に

これって潜在意識とのスムーズなやりとりをかなり阻害していたんじゃなかろうか
まさにブロック、壁^^

ブロックが見えていなければ対処のしようもないのだけれど
ブロックが見えてしまえばなにがしか処方箋が見つかるだろう
潜在意識とスムーズに交流することができるようになるかも

そこでハタとまた気付く
「テレポーテーション」という言葉を投げ込んできたのはガイドさんだったのかな、と
「彼は彼...」の言葉も

ヘミシンク中に結構悩まされる「自我のおしゃべり」
その「おしゃべり」の中に実はガイドさんの声が紛れ込んでいること多いのかも
今後はもっと注意して、そこらへんの差を取ることを目指そう^^v

好転反応って...やつか?

毎年この時期は寒さに負けて活動が鈍るかつきちです
スピ旅にも行けてないなー

と思っていたら
今日の東京は2月とは思えない暖かさ
風も出てきています
予報では明日は春の嵐となるらしい

さて、かつきち、この2週間ほどかな
ヘンプパウダーなるものを試しています
麻の実を粉末にしたもの

仕事の合間合間にお湯で溶いて飲んでいます

この麻の実、食物繊維がたっぷしで
必須アミノ酸、必須脂肪酸、その他ミネラルが入っているという
優れものです

とはいえ、劇的に体の調子がよくなったというわけではないんだけれども^^;

食物繊維のおかげか、快便の日々が続いています
こんにゃくを「砂落とし」と呼ぶところがあるらしいですが
麻の実もまさに「砂落とし」!

ところが、3日くらい前の夜、歯を磨いていたところ
歯ブラシに血がべっとりくっついてきた(・_・。)) マイッタナァ
んで歯茎のあたりに塩を塗って対処したんだけれども

次の日
歯茎の腫れは上あごの方に移動してしまい
口内炎と化しています(>。<*)イタイ

麻の実飲んでるのになんで~と思っていたら
ふと「好転反応」なる言葉を思い出した

麻の実のおかげで、かつきちただいま絶賛毒出し中^^v

節分ということで・・・

新暦の元旦から一ヶ月が経ち
旧暦でも新年を迎えたということで
かつきちの今年の抱負を...なんつって^^;

いやさ、ぐれんの記事で時々出てくる
「毎月50万円」が気になっていたの
でも、かつきち、ORION's GATEやってないし^^;

で、ネットを検索していたらこんなの見つけたもんで
199式メソッド

で、かつきちもやってみようと

最初は「かつきちの手に毎月50万円が舞い込んでくる」という文を
仕事の合間合間、息抜きに書いていました

そうしたら、ふっと言葉が降りてきて
こんなアファメーションと相成りました


○○は自分の「大好き」を大切にします
○○は自分の「大好き」を信頼します
○○は自分の「大好き」を選択します
自分の「大好き」を追い求めると、不思議なことに
必要なお金が○○の手に転がり込んできます
毎日「大好き」と遊んでいると、なぜか知らないけど
毎月五十万円が○○の手に舞い込んできます



○○には、かつきちの本名が入ります
パソコンの画面で数値とにらめっこしている仕事なので
これを書くのはちょっとした息抜きになるし^^v

かつきちも「自分の好きなもの」から目を背けてしまうタチだったので
そこいらへんの反省も込めて

またそうなった原因もうっすらぼんやりと
「あ、これだろうなー」というのも掘り出しました
母親が編み物しながらつぶやいた
父親が酒を呑みながらぽろっともらした
何気ない一言一言だったのですが
かつきちにとっては、かなり強大な心のブロックと成り果てています

そのブロックが言い張るには
「遊んで暮らして毎月50万?んなことわるわけねぇじゃん (`д´)ケッ」的なみたいな

まぁ、はじめたばっかしなので成果は出ていないし
がっちがっちかちんかちんに固まったブロックなので
溶かすには時間がかかるだろうなー^^

せっかく降りてきた言の葉なので
かつきち、これを今年の抱負といたします(`・ω・´)b

んで、あわよくば金額をどんどん上げていこうと(・・。)ゞ テヘ