久しぶりの「ザ・体脱」...未遂^^;

夕べは早めに床に着いたせいか
夜中、目が覚める
時計を見ると3:44

もう一度寝ようとするがなかなか寝付けない
横になってじっとしていると変性意識に入ったのか
書ききれないほど様々なビジョンが流れていく
なんかのパーティー会場でかつきちの名前を呼ばれるのも聞いた

ビジョンを見ているときはほぼ自覚はなく
ハッとなった瞬間に「あ、今なんか見てた^^;」と気づく

そして寝落ち、浮上、変性意識、ハッと起きる
を繰り返していると
工事中の坂道を登っているビジョンが出てきた
車道はまだ舗装がされてなくて
道脇の側溝は真新しいものが設置されていて
その側溝の上を駆け出すかつきち
そこでなぜか「行ける!」と思った

ここで目の前が真っ暗になり金縛りとなる
もう、ほんと久しぶりの金縛り
待ってましたの金縛り

とにかく水に浮かぶ丸太のように回転することをイメージ
が、回転しない
「ガイドさん、おねがーい!」と呼びかけると
回転がはじまった
んだけれども、ものすごく重い回転で
途中で止まってしまう

しばらく止まったまま「困ったなー」と思っているうちに
金縛りは去ってしまった

「あーあ」と残念がっているうちに、うとうとと寝落ち

しばらくすると、脳みそをピキッとなにかに刺し貫かれるような感覚が来て
またもや金縛りが来る
「今度こそ!」と回転をイメージするも
体が半分だけ回転してうつ伏せの状態で止まってしまい
にっちもさっちもな状況

「参ったな...」と思っているうちに金縛り終了

うーん、久しぶりに行けると思ったんだけどなぁー
残念無念(ノд・。) グスン

ガイドさんたちが手助けしてくれてる気配も感じていた
至らないボクでごめんよ...(T-T)
スポンサーサイト

カメカメ攻撃、トーホグ編

「ぐれん」にカメカメの記事があって思い出したこと^^

かつきちの親戚は沖縄ではなくほっけーどーにみんないます
そんななか、かつきちの親父殿だけが東京に出てきたもので
かつきちも、ついずるずると東京に住んでおります^^;

かつきちのご先祖さまは、義経に付き従った佐藤兄弟なので
ほっけーどーに渡る前は、トーホグの百姓でした

おじいさんの方はほっけーどーに渡る直前は宮城の亘理のあたりにいたらしい
おばあさんの方は岩手だったと聞いている

このおばあさん、カメカメ攻撃、大得意だった^^;

かつきちの親父殿は長距離トレーラーの運転手だったのですが
子供かつきちの夏休み冬休みに北海道出張を入れることが度々ありました

今は大洗と苫小牧を結ぶフェリーがありますが
その頃はまだなく、八戸まで陸路で行って
そっからフェリーで苫小牧に渡ってました

親父殿の客先に荷を落ろして
トレーラーのメットだけで親父殿の実家に帰ります

その実家では親父殿の妹連中が(4人!)集っていて
「あれ~、かつきち君、ねぎ大丈夫なの~」
と北海道のイントネーションで聞いてくる^^

つい釣られて、「ねぎ大好き♪」と答えてしまう、お調子者子供かつきち

そこへ、よっしゃ!(してやったり)的なおばあちゃんの顔

で、出てきたのは、味噌汁の汁が見えないほど
てんこもりに盛られた葱の山

その後は覚えていない^^;
多分、食えなかったんじゃないかな
親父が変わりに食ってくれたんだったかもしれん

そのころ、子供かつきちにとって、刻んだ葱って
食うもんってよりも
風邪引いたときに、ガーゼに包んで首に巻かれる
ひりひりするだけの、イヤな野菜って位置づけだったから^▽^

ぢゃあ、正直に「葱、ダメ」って答えりゃいいだけなんだけどね
つい「オッケ~!^^v」ってやっちゃう子だったのね
(で、おばあちゃんにはきっとそれが見えていたと思う^^;)

すっからかんの、かつきち

2週間前に大風邪を引いて治って以来
すこーんと、ぽかーんと、すっからかんのかつきちでございます

ほんとにかつきちのインナーチャイルドが泣かなくなった
確認の意味で燃料をガンガン投入しても
うんとも、すんとも^^;

喜怒哀楽がなくなったわけではないの

うっきゃっっきゃぁ~!と笑うし
むっき~!!と怒るし
ほろろ~ん、と泣くし
んはぁ~と、楽を感じるし

感情はある
でも、引きづることがなくなった

これまでだったら、ぐじぐじ、じくじく、じゅくじゅく
熟成に熟成を重ねてしまう、アワなタチのかつきちですが
それが終わっている

かなり自分で自分に今驚いていて
日々の暮らし、仕事の中で確認中^^v

もうちょっと時間が経てば
分かりやすく説明できるようになるんだろうけど
ただ今は自分で自分にびっくりしてる最中なの^^;

からっぽかつきち

大分、更新があいてしまいました

先週は久々に大風邪を引いてしまい
丸2日寝込む有様

今は全快しております^^v

全快はしたのですが
頭ん中がすこーんと抜けたというか
からっぽな感じが続いております

そんなわけでリハビリ的な記事のアップ^^;

こないだYoutubeを見ていたら関連動画に
NHKの人形劇が出てきた

多分、かつきちがはじめてリアルタイムでみたのはコレだと思う
紅孔雀
内容はほぼ忘却の彼方だけれども、テーマ曲はしっかり記憶に残っている

リンク先のは最終回のものです
なんとアステカ王国が出てくる
ケツァルコアトルの名が出てくる
今のかつきちの一部を作った番組とゆっても過言ではないのかも^^

風小僧雨小僧、おぼえてるなぁ~
「(なんとかかんとか)だにぃ~」という言葉遣い
よくマネをしては母親に怒られたなぁ

かつきちのおふくろ様は
かつきちがテレビにでてくるキャラのマネをすると
「やめなさい!」と怒ったものでした

そして怒られたかつきち、ぽかーん(´・_・`)?

あれはなんでだったのか...
今、彼女に聞いても何にも覚えていないだろうから
確かめようがない^^;

かつきちの「役行者を訪ねて」(伊豆山神社編)

かつきちの「役行者を訪ねる旅」の第1弾!
熱海の伊豆山神社へお参りしてきました

前日は静岡は興津の定宿にしている健康ランドで一泊
そして今日の朝、まず三島大社に詣でました

その後、熱海へ移動
駅から神社までトコトコ歩く

思えば2年前の夏まっさかりの頃
この道を汗だくで歩いたなぁ、と思い出す
あれから大分、間があいてしまった

一度歩いた道は体が覚えているのか
拍子抜けするほど、あっという間に神社に着いた
あれ?こんなに近かったっけ?て感じ
20160111_1.jpg

しかしこの石段がキツい^^;
境内は遥か上
20160111_2.jpg

やっとこさ登りきった境内の手水鉢には
紅白の龍がお出迎えしてくれました
20160111_3.jpg

まずは本殿でご挨拶
20160111_6.jpg

境内はとても見晴らしがよく
絶景のオーシャンビューであります
写真真ん中辺りが伊豆大島、そのちょっと左に初島があります
20160111_5.jpg

そして今回の大目的、役行者が祀られているお堂がコチラ
20160111_7.jpg
般若心経を唱え、役行者ゆかりの聖地を巡りたい旨を伝える
そして、もう一つお願いをする
このお願いは叶ったとき、このブログで紹介します^^v

お堂の中には木造の役行者像が鎮座しています
目だけが白く塗られていて、目が光っているように見える
チト怖い^^;
(写真撮ったのだけど、扉の硝子に外の光が反射してしまい
うまく撮れませんでした)

写真を撮ることに気をとられて
スピ的なことは今ひとつ感受できなかった
反省(-人ー)

そーだなー、むりくりスピネタ系にハナシもってくとしたらなー
神社までの道すがら、かつきちのインナー・チャイルドとコンタクトを取ってみた
「なんか...最近、静かじゃない?(どったの?)」

年明けてからですかね
これまでだったら、確実にインナーチャイルドが泣き出すネタに出会っても
泣かないことに気づいた

そんなわけで、歩きながら
「ほぅれ、泣けぇ、泣いてしまぇ~ヾ(*`∀´*)ノグヘヘヘ」
と燃料を投下してみたのだけれど
インチャイは「シ───('ェ')───ン」としたまま

どうした!かつきちのインナー・チャイルド!
死んじまったか!(んなわけない^▽^)

かつきち、夢でエクササイズする、の巻

今朝方に見た夢


ふと気づくと、かつきちの後ろに男の人がいた

顔は見ていない
話しかける声は聞こえている
(んだけれども、話している内容は全く覚えられなかった)
ただ、その声で「あー、この人は竹野内豊だな」と思った
夢の中なので、驚きもせず不思議にも思わず突っ込みもせず^^;

そして、その人はトレーナーのような人だな、と理解した

そこへお手本のDVDを見るような感覚で、イメージが見えてくる
場所はハワイの山ん中(と、かつきちは思った)
いかにもあの辺にありそうな、ジャングルとまではいかない
幅の広い葉っぱを垂れ下げた、丈の低い木が鬱蒼と生えている
それを背景に幾分開けた野原に肌の浅黒い男が二人
夕暮れにはまだ幾分時間がありそうな、黄金色の日差しが景色を照らし出していた
その二人はしきりに腕をグルグルまわしていた
お互い手はまったく触れずに
いっしょに矢印の方向へ両腕をぐるぐるとひたすら回すというもの

かつきちとトレーナーもその動きを真似て
腕をぐるぐるとまわしはじめた
↓こんな感じ
20160106_2.jpg

それが、いきなりエクササイズ中断
トレーナー消える

かつきちの視界には
そばの体育館から、やはりエクササイズをしていたと思しき
トレーニングウェアの女性たちが(男性はいなかった)わらわらと出てきて
休憩タイムに入ったようだった

そこへ手元のケータイに着信が入る
音は鳴らず、着信を示す淡いブルーのライトが点滅していた

ケータイを耳に当てると、さきほどのトレーナー、竹野内豊の声
「今、2階にいるから、いまからそっちへ行く」

そのほかはよく聞き取れなかったのだけれでも
このトレーナー、まだ新米だったらしく
さきほどのエクササイズは間違っていると
上役というか、監督というか、そういう立場の人から
ものいいが入り、やり直すことになったらしい

そして気づくと、またかつきちの後ろにトレーナーが立っている
(やっぱり顔を見た覚えがない)
エクササイズ再開
20160106_1.jpg
さっきとは逆周りに腕を回していく

かつきち、だんだんと背筋が伸びてきて
ふわーっと気持ちよくなってきたところで
目が覚めた



かつきち、夢の中でなんらかのトレーニングを受けたようです
どういうトレーニングなのかは分からずじまいでしたが
っていうか、それを聞くという発想すら出てこなかった^^;

最後、「あ、気持ちいい~^¬^」となったので、悪いもんではないと思うけど...
背筋を伸ばされたあたり、クンダリニーの目覚めと関係があるのかなと
思ったり思わなかったり^^b

2016年、かつきち「スピ」の旅(予告編)

テーマ曲は「兼高かおる世界の旅」で^^v

2016年も、かつきちは聖地を訪ね歩こうと思っております
そして、今年は大きなテーマが一つ
役行者
です
(はい、「ひそスピ」からインスピレーションをいただきました^^;)

この役行者、または役小角(えんのおづぬ)、または役優婆塞(えんのうばそく)
葛城山麓の豪族のボンボンでいずれは部族をまとめていかねばならない責任があるにもかかわらず
誰も頼みもしていないのになぜか修行に目覚めてしまい
若くして山に籠もって、己が身を心を痛めつけて悟りを啓こうともがきまくっていた、ドMなニートです
(そこまで言うか^^;)

まぁ、厳しい修行の末、修験道の開祖として名を残した人であります

そんなわけで、役行者ゆかりの聖地は近畿が圧倒的に多い
そしてその次に多いのが不思議なことに関東なんだそうです
彼が一時期、伊豆に流されたことが理由らしい

さらっとネットで検索してみたところ
伊豆山神社、江島神社、秩父今宮神社
高尾山、御嶽山(みたけ)、エトセトラエトセトラ
あきれるほどたくさん出てくる

そして、上にあげた五カ所中三カ所まで
かつきち、このブログでお参りをレポートしていたりします^^

かつきちのこれまでのスピ旅はどうやら
若い頃ドMでニートだった(まだ言うか^^)役小角という縁の
細ーい細ーい一本の糸でつながっていたようです

ということで今年はこの糸をもすこし太いモノにしていきたいと思っています

最新作は近日公開!