かつきち、ただいま絶賛足踏み中^^;

まず、昨日土曜の朝
二度寝のときに夢を見る


会社からの帰り、電車に乗る
気づくと電車を降りていて、街中を歩いている


は!鞄がない!上着も着てない
てか、オレ、パンツ一丁だぞ!^^;


困ったなぁ、と思いつつ街をブラブラ
上着にアパートの鍵を入れていたので
ウチに帰ることもできない
そして場面はどこかの駅の中に変わる


しょうがないので、駅員さんに相談
「あのう、鞄を置き忘れたみたいなんですが...」
(パンツ一丁のことは念頭から消えている)


駅員さん笑って、遺失物預かり所みたいな所に連れていかれる


するとそこに、紛れもなくボクの鞄が!
ランドセルに縦笛を差すように
ロッドを鞄に差していつも持ち歩いているのですが
そのロッドの筒の緑色のキャップがしっかり見えている


駅員さんに「それです!ポケットにボクの保険証が入っているはず!」
無事保険証が出てきて、鞄ゲット!


続いて「あの、上着は...」と聞くと
場面がフリーマーケットのような所に変わって
女性がボクの上着をたたんでいる


「すみません!その上着!ボクの!」
上着のポケットを探ると、これまたアパートの鍵がぽろりと出てくる


やれやれ、と思ったところで目が覚めた


忘れ物が戻ってきたんだから良い夢だろうと
さっそくネットの夢占い、夢診断のサイトをのぞいてみる


...全然、よくない...(・~・)?


「忘れ物を取りに戻る」=「過去への執着」だそうです(トホホ)


とすると、鞄は過去もしくは今いる世界の象徴ってコトか
アパートの鍵はもろ今現在のコトかも


取りに戻ったってコトは、かつきち君、いまだ手放せていない
ということになります


あちゃ~!あのままパンツ一丁で新しい世界へと踏み出すべきだった!
反省...ーー;


そして次の日、日曜の朝
これまた二度寝で見た夢


なぜかロシアに海外旅行中
その最終日、帰国する前にちょっと買い物
ワインとパンを買う


さて、空港に向かうか、となったところで
飛行機のチケットを改めて確認
出発の時刻はとっくに過ぎている!
帰れない!


ところが、別段焦るでもなく
ふ~ん、じゃ、どっしよ~かなぁ
と思ったところで夢から覚めた


何が何でも帰ろうと焦らなかったところ
すこしはマシだったかしら^^;


とはいえ、「飛行機」=「アセンションの波」と捉えると
かつきち、おもいっきし置いて行かれてます^^;;


かつきちのアセンション道中、かなーり滞っている模様
さて、どうしようか...

スポンサーサイト

冬眠してるばやいぢゃない

また、更新が空いてしまった^^;


この季節ね~、冬眠の準備に忙しくて
冬眠に失敗したらコトですからねぇ~


皆さんも聴いたことありますよね
冬眠に失敗したクマに出くわしたら
まず助からないって^^


てか、ホントにこれから寒くなるにつれて
暴力的な睡魔に襲われる、かつきち君です
(毎年毎年^^;)


そんな魔の眠気にふらふらのかつきちの
目を覚ますようなニュースが!!


マイ・フェイバリット・アーティスト
中島みゆきさんが紅白出場!


いぇーい^^v
さすが朝ドラ効果!
でも、いいじゃん、「麦の唄」
いい歌だし


あと、ファンとしては、今回「も」
歌詞を間違えてくれますように
もう、お約束のネタなので^~^

そうそう

三島詣りの続きっていうかなんていうか


今月は三島の神様んとこへ行くつもりなかったんです
実は^^
「神無月」ってのがアタマにあったので


「神無月=10月」だけれども
そこはほれ旧暦と新暦があるから
「五月雨」って梅雨の雨のことだけど
新暦だと梅雨は6月じゃない^^


だから11月は神様みんな出雲に宴会しに行ってるんだろーなーと
(いや、宴会のためだけに行くわけぢゃない^^;)


あらためて今更ながら調べてみると
今年2014年の旧暦の神無月は
11月22日から始まるとのこと


え!そんなに遅いの!とびっくし!
で、あわてて、駆け込み詣りをしてしまったのですが


さらに、よくよく調べてみると
出雲大社に全国の神様が集まるのは
さらに12月1日かららしい
そして1週間くらいの後、また自分の管轄(?)に戻るとのこと


だから、まだそんなに慌てることはなかったという話
「ひそスピ」の識子さんのブログに
神無月の神社は空っぽ、という記事があったもんだから
つい慌てて駆け込んでしもうた^^;


今、お参りにでも行こうかな~と思ってる人は
今度の3連休、まだ間に合うんじゃないかな
ということで、レッツラゴ~!なのら!^^v


旅支度に忙しくてあまりお相手してもらえないか
1年に1度の大舞台にワクワクルンルンしていて
大盤振る舞いしてもらえるか
そこはその神様の性格次第!^^;


と。。。ここでちょとだけ疑問が


出雲大社はもちのろんで出雲国一宮だし
歴史的にも別格の地位を持ってるところだから
全国の神様が集まるのは当然だとは思う


だが、しか~し!
出雲国にはもう一つ熊野大社という一宮もあるんです
(なぜに熊野?とも思うし、和歌山との関係も気になる)


かつきち的には熊野大社の方が
イヤシロチセンサー、ビンビンでした
お参り中、体のそっちこっちの鳥肌がぞわぞわ立ちまくりでした


神様たち、そっちの方は行かないのかしら^^;

 

謎の屋台

こないだの土日に、またまた三嶋大社にお参りして参りました
すでにルーティンとなっているのですが
土曜日に静岡の健康ランドに泊まって
大きいお風呂と地物のアジの刺身で一杯(二杯、三杯...^^;)
へべれけになって、ぐあ~寝て
翌日曜日、朝早い電車で三島に入ります


三嶋大社に着くと
大きく「祝 七五三詣」の垂れ幕がかかっている
あぁ、そういう時期だったなぁ
と、家庭持ちでないかつきちは今更ながら気づかされる^^


境内に入ると、縁日の屋台がそこここに立っている
まだ朝早いので屋台の骨組みだけで
屋台の骸骨が並んでいる


屋台の売り物の暖簾はそのままかかっている
そのなかに「さくら棒」と書いてある暖簾が!
なんぞ、これ!ボク、知らない^^;
「静岡名物」とあるから、ご当地限定みたいなものかしらん


帰ってきて調べたらこんな感じのものらしい

さくら棒


色を付けた麩菓子のことらしい
かつきちは麩菓子というと黒砂糖をかぶせたヤツしか知らない
なにこれ、ちょっと、おいしそう
麩菓子にうまいもまずいもないけれど^^;


静岡では定番の駄菓子らしい
ちょっと取り寄せてみようかしら^^v

やだ、なにこれ、ちょっとかわいすぎ~!

指月布袋画讃

た、たまらん~(^≧ω≦)クー

江戸時代の仙崖義梵という
禅宗のお坊さんの作品だそうです

はじめて知った^^;

これも「終わりのはじまり」の一つかも

(うーん、今回の記事、自分で書いといてなんだが自分でもよくわからない...
でもアップしちゃうの^^;このテーマ、今後、折に触れて
ブラッシュアップしていきたいので、備忘録ってことで)


Pサイトのリンク集から、つい見てしまうサイトに
「カラパイア」「不思議.net」「大地震予知」があります


これは、その中の「不思議.net」で紹介されていた記事より


「重いモノと軽いモノを同時に落とせば、重いモノの方が早く落ちる」
アリストテレス以来の命題を、ガリレオは否定して見せた


ピサの斜塔からうんぬんは「オハナシ」らしく
実際は滑り台に玉を転がす実験で証明したらしい


その実験の大規模版を、あのBBCがNASAの
巨大真空実験場でやったというのが、この記事↓
空気がなければ本当に羽は鉄球と同じ速度で落下するのか世界最大の真空チャンバーで実験


真空の中を、鳥の羽毛とボーリングの玉を同時に落っことしたらどうなるか?


もちろん、この動画の結果はガリレオの主張通りとなります^^
羽も玉も同時に着地する


かつきち君は強い子よい子元気な子
ついでのおまけに素直な子、ではありますが♪~( ̄ε ̄;)
ここまで、わざとらしく、おおがかりにやられちゃうと
ちょっとなぁ~^^;


なんか裏、あるでしょ
絶対あるでしょ^^v


科学史を語る上で重要なキーワードとして
「パラダイム」という言葉があります


今ではしょっちゅうどっかでよく耳にする言葉ですが
もともとはクーンという人が
いわゆる「コペルニクス的転換」を説明するために
持ち出してきた用語です


それまで「宇宙の中心は地球で、星々はその周りを回っている」だったのが
いや実は「太陽が中心で、地球もその周りを回っているんだよ」と「転換」した


もちろん、コペルニクス以前にも「地動説」を唱えていた人(たいてい、火あぶりにされた^^;)
気づいていても黙っていた人(コペルニクスもホントはこの部類に入るんですけど^^;)
たくさんいました


んだけれども、「天動説」という「パラダイム」の中では
それを否定する明らかなデータがあっても、それは表には出てきません


しかしデータはたまっていく
「地動説」を”ひそかに”信じる人々が増えていく


そしてある瞬間に、あるポイントを人類は通過してしまいます
歴史の分水嶺を越えてしまう
これが「パラダイムの転換」という(らしい^^;)


「地動説」が”あたりまえ”になって
なんで「天動説」なんて信じていたのか
今となっては実のところよく分からなくなっていたりする


んで、最初の紹介記事の大がかりな実験
ボクはまたぞろ新たな「パラダイム転換」
前夜であることを示しているのではないか
などと思ってしまったりしています


”天動説”の最後のあがきがはじまったのかな...ってかんじで