いきなり、体脱3連発! かつきち、大興奮の巻 No.4

すると、2度あることは3度あった!


【体脱、3発目!】


またまたまた、振動、回転、起き上がり
「え~、3連発~!?」
と、半ばあきれつつも
やっぱり、いそいそと玄関へ


途中、キッチンが見事に空っぽ、何もない
ただ流しの上にオレンジ色の桶のようなものあるだけ
(ちなみに、そんなのボク持ってない^^)


玄関を見ると、履き物もなくなっている
んじゃ、ということで、そのまま裸足で
ドアを手で開けて外へ


かつきちの住んでいるアパートは
ドアを出て、右の方向に外階段があります


しかし、このときは左の方向に外階段がありました
(反転世界?)
んで、また外階段の上からジャーンプ!
着地成功!^^v


着地したところは、砂利が敷かれた駐車場のような所
そこから探検開始!


しばらく歩いていると、昔子供の頃住んでいた街に入る
あら懐かしい、と思うそばから、ドブの臭いが漂ってくる
そういえば、きったねぇドブ川があったもんなぁ
などと言いつつ、かつて住んでいた家に行ってみる


が、土台だけ残して跡形もなし
周囲の家も似たような状況
それを見るかつきちも、特に何の感慨もなし


そのまま、歩き続けていると
オレンジ色の作業着かツナギかを着た3人のおじさんが
ボクの横に並んで歩いている


見た瞬間、「あ!これガイドさんだ!」と思ったので
「ガイドさんですか?」と聞こうとしたが、なぜか声にならない


その3人の内の1人が、ボクの腕を抱え込んで
いろいろ教え込もうとしている
「あの記事には間違いが、云々かんぬん」
「誰それが入院して治療に、云々かんぬん」


ただ、かつきち、ほぼ理解できず、ポカーン( ゚д゚ )


そして、もう1人のおじさんが、その教え込みおじさんに
「ミスしたね」と注意して、その教え込みおじさんは
布の向こうに退場


気づくと周囲は、和柄、洋柄の様々な大きな布が
垂れ下がっていて、迷路の中のようになっている


残りの2人のおじさんに付いていこうとするも
そちらもいつの間にか、布の向こうに歩き去ってしまい
「待って~」と思ったところで、体脱終了

------------------------------------

ヘミシンクは大スランプ中ですが
まさかまさかの体脱3連発となりました^^


これも三嶋の神様のお導きか!(ほんとか?^^;)


今回、高いところからのジャンプは試すことができましたが
「すり抜ける」ということは、まったく思いつきませんでした
相変わらずですが^^;


今度こそ、硝子すり抜けの術を覚えなければ^^

スポンサーサイト

いきなり、体脱3連発! かつきち、大興奮の巻 No.3

すると、またすぐに、身体を振動が走り出した!


【体脱、2発目!】


またまた、身体が回転をはじめる
さっきは水に浮かんだ丸太のような
きれいな回転だったが
今度は、波に流されたように
めちゃくちゃにごろんごろんと回転する


それでも、なんとか立ち上がることに成功^^v
2回連続なんて、はじめてだ...
と自分で自分にびっくりしている


とはいえ、せっかく体脱したんだから、と
また、いそいそと玄関へ


玄関の前に掃除機が転がっていて
その脇を通ろうとしたら、掃除機が絡みついてきた
しばらく、掃除機を引きはがそうとするが
どうしても、はがれてくれない


しょうがないのであきらめて、そのままドアを手で開けて
外へ出る
外へ出たとたん、掃除機のことは念頭から消え去った


隣室のおばさんが鉢植えの手入れをしていたので
挨拶をする
が、実際のおばさんとは全く違う人であることに気づく
でも、特に気にせず外階段へ


そのまま外階段を降りようとして、はたと思う
「飛び降りてみよう」
実行
すっと着地、痛くない
「さすが体脱♪」と納得する^^;


こっから先の記憶がとんでしまいました
まだ何かイベントがあったとは思うのですが
思い出せない(ボクの間抜け~(`ε´))


目が開いて、「2回連続だぁ~」ノ( ̄0 ̄;)\
と驚きながら、また寝てしまう^^;


すると、2度あることは3度あった!


(続く)

いきなり、体脱3連発! かつきち、大興奮の巻 No.2

寝入って、しばらくすると...


【体脱、1発目!】


腹に電気のようなビリビリとした振動が走る


うわ!やべぇ!起きなきゃ!と最初は焦ったものの
すぐに「ん?体脱サインか?」と思い直し
しばらくビリビリに身をゆだねる


すると、すぐに身体がゴロゴロと回転しはじめる
回転しながら起き上がることに成功!^^v


久しぶりの「ザ・体脱」に興奮しつつ
いそいそと玄関へ向かう
途中、書類のような紙が絡みついてくるが
それを振り払って、サンダルを履いて
ドアを手で開けて^^、外へ出る


いつものごとく、薄暗い世界
外廊下を通って、外階段をトントンと降りて
門を開ける


と、小さな黒猫(白い斑あり)が立ちはだかっている
とびかかってくるかな...と思っていると
案の定とびかかってきた
が、ボクの頭の上を飛び越えたようで
ぶつかった気配はなかった


門の外に出ると、見知らぬおばさんが
路地を掃除してくれている
そこで挨拶の言葉をかけると
おばさん、びっくりして
「あら、ごめんなさい!」と言って
そそくさと隠れてしまった


(?_?)なんで?といぶかりつつ
散歩をつづけると、子供が二人、走ってきて
ボクの脇を抜けていった


ここで、飛べるかな?と思いつき
助走を付けて飛んでみる


こっからが微妙^^;;
飛べたんだろうと思う
でもなぜか「いや、これは違うんじゃないか」と
疑い出す、アホたれかつきち


飛べたのか、飛べてないのか、あやふやのまま
ここで体脱終了
(ボクのばかぁ~ToT)


んで、パチッと目が開いて
おっと、はやく忘れないうちにメモしないと...
と思うものの、眠気に負けて、そのまま眠り続行^^;


すると、またすぐに、身体を振動が走り出した!


(続く)

いきなり、体脱3連発! かつきち、大興奮の巻 No.1

今さっき起きたことなので、かつきち、興奮中^^;
筆が走りまくって、すべりまくると思われます
あらかじめ、ごみんなさい


では、クールダウンもかねて
昨日、今日のボクの出来事から書いていこう^^


昨日の土曜日は
午後に床屋で髪を切った後
夕方頃、東京発の東海道線に乗って
一路、静岡の興津というところまで


目的は、三嶋大社へ2ヶ月ぶりの参拝


その前乗りということで
国道1号と52号がぶつかるところにある
健康ランドで一泊


そして今日の日曜日
朝早い電車で三島に入る


駅から三嶋大社へテクテク歩いていると
霧雨が降ってきて、ボクをじっとりと濡らしていく
でも、清めの雨だなと思い、傘はささず


そのうち、雲が薄れて、陽が射してくる
霧雨は降りっぱなし
三嶋の神様の歓迎サインだなと思い込む^^;


そして、大社に着いて
お久しぶりです、とご挨拶
まだ霧雨は降っている
が、青空が顔をのぞかしはじめる


神様、粋な演出ですね♪
と生意気をいいつつ、参拝を済ませる
(前回同様、参拝中、丹田のあたりふるえっぱなし)


済ませた後も、境内にたたずんでいると
青空は消えていき、雲が空一面を覆うが
雨はやんだ


このあたりから、眠気というか、頭がぼーっとしたままの状態に入る
健康ランドで大風呂につかって、ぐっすり寝たんだけどなぁ
といぶかりつつ、そのまま帰路へつく


11時に帰宅


眠気が続いていたので、横になる
SOコードを聴きながら


多分、寝落ちしちゃうだろうと思ったので
アファメーションも「ガイドさんにおまかせします」だけにした


最初は、寝落ちと浮上の境界線を
行ったり来たりで、ふらふらしていたものの
後半は寝入ってしまう


CDが終わるところで浮上し
ヘッドホンを外して、そのまま寝ることに


そして、しばらくしたら...


(結局、本題に入れないまま続く^^;)

 

共同探索 ミトコンドリア かつきち絶賛スランプ中^^;

まずは言い訳から^^;


かつきちのヘミシンク
ただいま絶賛、スランプ中です(×_×)


このミトコンドリアのワークも
7、8回、チャレンジしたのですが


ほぼ、鮮明なイメージは捉えきれませんでした


はたまた、ヘミシンク中に邪魔されるという
大きな音にびくっとなったり
最中に声をかけられたり
この1年間の中でも、はじめてのケースが頻発中^^;


とりあえずのモヤモヤイメージを列挙すると...


------------------------------------------

・炭酸水の泡


・水の中にいて、次々と上に昇っていく、気泡を眺めている


・仏壇の前でおばさんが焦っている


あと、イメージではないのですが
「6度目の扱いにされたよ...」というぼやきが聞こえてきました
ガイドさんにあきれられたか(謎^^;;)


---------------------------------------------------

実は「太陽」「桜島」も、大苦戦中でございます


アップはちょっと遅れるかもしれませんが
見えたら必ず、ここで報告することを約束しますです^^

かつきち、職場で体脱するの巻

職場でヘミシンクをしている、変わり者かつきち^^
それもこれも、まわりが無関心でほっといてくれているから
心置きなくできているのですが


ここ最近、妙に邪魔が入ります^^


遠く近くで大きな物音がたったり
ヘミシンク中に声をかけられたりと


そこで、対策として
朝早くに職場に入って
誰もまだ来ていないところでヘミシンクをするようにしています^^;


そして今日の朝も
職場の椅子に座って、シャープペンを握って
ヘミシンク開始!^^


ところが、アファメーションのあたりで
猛烈な眠気が襲ってきて耐えられず
机につっぷしてしまう


すぐに,寝落ち


そして、気づくと全身をビリビリと振動が走くりまわっている


おぉ!これは体脱の前兆だな^^vと待っているが
いっこうに脱ける感覚がない


ありゃ、やっぱ、だめかねぇ、と思いつつ、また寝落ち


そして、今度は夢を見る


かつきち、椅子に座って、自分の手を見ている
その手の爪が妙に長く伸びている
あれ?...ついこないだ切ったばっかしなんだけど...
と思ったところで、はっ∑(・o・;)
これ夢ん中だ、と気がつく


ただ、ヘミシンク中であることは、きれいさっぱり念頭から消えている


じゃぁ、とばかりに椅子から立ち上がろう...とするが
身体が異様に重くて、なかなか立ち上がれない
2,3回チャレンジして、ようやっと立ち上がることに成功


まわりを見回すと、食堂のような休憩所のような部屋
何人か女性が座ってしゃべっているみたい
床が黄色っぽい
視界が微妙にゆがんでいる


歩き回ろうとするが、とにかく身体が重たくて難儀する
壁に大きな鏡があり、自分を映してみる
明瞭とは言えないが、日常で見慣れた自分の映し身が現れる


さらに、部屋からの出口を探して歩き回るが、まったく見つからない
そこで窓から飛び出そうと窓際へ
窓は開いている(ラッキー^^)


窓から外というか地面を見ると、アスファルトで固められている
まぁ、いいや、そーれぃ!と飛び出す


が!何かに引っかかったように外に出られない
窓は開いていて何もないのに!


別の窓からもチャレンジしてみるが、結果は同じ


なして?σ(・_・)と悩んだところで、体脱終了

_______________________________

明晰夢かな~、とも最初は思ったのですが
例の振動が身体を走ったので
ここは体脱したと判断します^^


職場でヘミシンク中の体脱は多分はじめて^^v

共同探索 「夏至」 かつきち、ぽややんバージョン^^

どわー!アップが遅れてしもうた~^^;


かつきちは、職場でヘミシンクをしているのですが
「夏至」のワークのメモを職場に置き忘れてしまい
アップできず^^;


夏至の前日に職場で
夏至の当日、自宅で
と、二回に分けてワークを行いました

_____________________

夏至の前日、職場でのヘミシンク


いつものごとく、もやもやとした認識しきれない
イメージの中で、なんとか拾えたイメージ群です


以下、列挙するぜぃ^^;


【しょの1】
水管っていいうのかな?
浅蜊とかの二枚貝を買ってきて
塩水につけとくと、にゅ~っと出てくるアレ^^


【しょの2】
天井から布が垂れ下がっている
薄く透明な、絹だろうか
紗のような、色とりどりの布が下がっていて
それに戯れながらダンスをしている
豊満な女性


【しょの3】
逆光の海
一艘の小舟
黒い人影が一人
オールを漕いでいる


【しょの4】
黒いシルエットの人物
ソフト帽をかぶっている


【しょの5】
まだ陽が昇らない薄明のなか
一匹の白い狼が遠くから歩いてくる

_______________________

夏至の当日
自宅でヘミシンク
CDはSOコード
横になって聴く


が、最後まではっきりしたイメージはない


寝オチすることもなく、あえなくCDが終わる


あ~ぁ、とヘッドホンを外して
しばらく横になっていると
そのまま寝てしまう


そして夢を見る


どこか空港の上を、遊覧飛行している
とにかく青い世界


空を飛んでいたはずが
いつの間にか、湾内クルーズの船に乗っている


そしてボクは男の子を船から落ちないように
抱きかかえている


しかし、この湾内は男の子の方が詳しい
いろいろ指さして、ボクに教えてくれる
残念ながら、そのほとんどを覚えきれなかった


唯一、覚えているのが
湾内のとある島の前に来たところで
男の子が叫ぶ「ほら!○○××!」


見ると、特撮の変身ヒーローのような
像が立っていた


こんな変身ヒーローは絶対に存在しなかったと断言できる
でも、見覚えのあるヒーローだった


場面変わって。。。


なぜか、どうしても洗濯をしなくては、と焦っている
洗濯機は風呂場の方にある


風呂場のドアが壊れている


ムリヤリ開けると、風呂場があったはずの
建屋が崩壊している


梁や屋根がぐしゃぐしゃに目の下にあり
その向こうの塀の上に、黒猫が二匹、ボクを眺めている


どうしよ。。。これじゃ、洗濯できない。。。
と途方にくれていると
塀の上を、さっきとは違う、黒白まだらの猫が
バイバイと片手を振りながら、歩き去っていく

_________________________

レビュー


解釈も何も、さっぱり分からないのですが
とにかく、「水」が関わっているようです


ガイドの男の子が、いろいろ案内してくれたにもかかわらず
変身ヒーローしか覚えていないなんて^^;
ごめんよ、ガイドさん


最後の夢見は、多分、自覚しきれなかった体脱じゃないかな
なぜなら、風呂場のドアをこじ開けたときに
親指にべったりと汚れがついてしまい
その汚れを早く落とさなきゃ、と思ってる内に目が覚めてしまったので
(あ~、かえずがえす、もったいない!^^)

共同探索『KT-95』 shared by かつきち^^

KT-95の共同探索のシェアです


ちなみに、ボク、KT-95に関する知識は
全くありませんでした^^;


もやもやとした認識しきれなかったイメージが多い中で
ピカッと光る鮮烈な映像もあり
それらをピックアップしています


では↓


_____________________


【イメージしょの1】
指輪、石はアクアマリンかラリマー


【イメージしょの2】
大海原を行く豪華客船


【イメージしょの3】
金や銀でキンキラキンに輝く兜が
手から手へ渡されるシーン


【イメージしょの4】
抜けるような真っ青な青空をバックに
日本の港町にありそうな
木造のぼろい民家


【イメージしょの5】
何百年も前に作られたような
古色蒼然とした世界地図
大陸のカタチは、この世界のものとだいぶ違う
その中のひとつの大陸の
一番下の端にある国が
虹色に輝いて強調される


ウルトラマンタロウのストリウム光線のような
メタリックな虹色(って、余計わかりにくいか^^;)


【イメージしょの6】
水晶のクラスター

_____________________


以上です


さて、これからKT-95とはなんぞや?
を調べにネットサーフィング!^^v(死語だな...)

共同探索 『2014年・夏至の日』☆告知

のっけから申し訳なし(T_T)

本来、ボクから呼びかけるところを
みちのくKさんに、肩代わりしてもらいました(ioi:)

ということで、テーマは「夏至!」で
共同探索しましょう!

とりあえず、ボクは...

☆必要な心構え
「見えちゃったもんは、しょーがないんだしー♪~(・ε・ )」という、開き直り
「だって、見えちゃったんだから、しょーがないでしょ!(≧ヘ≦) 」という、逆ギレ

☆必要ない心構え
「えっ~とぉ~、やっぱ~、ありえないし~、違うんじゃないかな~、みたいな~、きっと~、笑われちゃうし~」
という逡巡

ボクは、見えちゃったモノを素直にシェアすることを
ここにお約束いたします^^v
(とんでもない、恥ずかすぃイメージが出てきたらどうしよ
ま、そんときはそんときだぃ!^^)

惜すぃ~...かな

昨日の昼休み、いつものようにヘミシンク
いろいろイメージは見えている”気配”はあるのだけれども
うまく認識しきれず、もやもやともどかしい思い


しかし、その合間合間に
鮮明なイメージがピカッとインサートされて
あわててメモをとる


この繰り返し^^;


そんなイメージの中で、五桁の数字が出てくる
○8991
(最初の桁は読み取れなかった)


もしや、宝くじの当たり番号では!
と思い、仕事帰りにナンバーズ4を購入
(ストレートとボックス両方^^;)


結果は...
8616


ぼくの見た番号は逆さまだったのか...
洒落たことしてくるぢゃねぃか゜゚(>ヘ<)゚ ゜。ビエェーン

山師かつきち誕生

昨日の土曜日に
上野は科学博物館に行って参りました

おめあては
ゆみさんやたまさんが行かれた
「医は仁術」では、残念ながらなく^^;

ひっそりと企画されていた
「宮沢賢治と石」の展示でした

この企画
宮沢賢治の作品から
鉱物、地質に関する言葉を拾い出して
その部分と、現物の石を並べるというものです

彼は子供の頃から「石っこ賢さん」と呼ばれたくらい石好きで
長じて、今で言うところの地質学者、鉱物学者
と呼べるバックグラウンドをもっていたそうです

童話作家とは別の一面です

石っころ大好き、宮沢賢治大好きな
かつきちにとって、目がキラキラo(^-^)o ワクワクッ
の企画であります

実際、期待を裏切らない
充実の展示でありました

あの宮沢賢治独特の文章の横に
美しい石が並べられている
もう、たまらにゃい(^¬^)

また意外だったのが、彼、結構、山っけがあったこと
当時、北海道でしか見つかっていなかった
白金の一種を岩手で見つけようとしていたり

んで、帰ってきて、ぼくも山師を目指して^^;
ロッドに聞いてみる

*日本にはまだ発見されていない金の鉱脈がある・・・yes

*それは北海道にある・・・no

*それは東北にある・・・no

*それは関東にある・・・no

*それは甲信越にある・・・no

*それは北陸にある・・・no

*それは東海にある・・・yes

(途中、略^^;)

*それは、静岡県にある・・・yes

*それは、愛知県にある・・・yes

(さらに、途中略)

*それは、浜松市にある・・・yes

*それは、新城市にある・・・yes

これ、一応、日を変えて、二回、ロッドに聞いています
でも、この上に書いたのは二回とも同じ答えでした
(その他、二回の内、一回だけyesだった所も
結構あったので、さらに調査が必要かも^^)

だが、しかし、これがほんとだかどうだかは
実際に掘りに行かないと分からない
どうしよ^^;