番外ヘミシンク 天気を変えてみる かつきち、力およばずの巻


さて、G.W.に突入したわけではありますが...

飛び石となってしまった、昨日の祝日

しずさんの呼びかけで

YOKOSUKA軍港めぐりツアーなるものに

参加してまいりました

 

参加者は、しずさんとそのお身内、たまさん、mimikoさんと息子さんのヒロちゃん

問題は当日の天気!
先週の時点から、どうあがいても、雨は避けられそうもない
予報となっておりました

そこで、ヘミシンクで天気の変更に挑戦してみよう!
と思ったわけであります

そこで、ヘミシンクで天気の変更に挑戦してみよう!
と思ったわけであります
方法は単純にヘミ中にガイドさんやハイアーセルフに呼びかけるだけ
「とにかく雨が降る時間をずらして欲しい!」と^^;

さて、当日
昼ちょい前に、横須賀の船着き場に集合して
いざ、船へ乗り込む

この時点で、どんよりとはしているものの
雨は落ちてきそうにない

イージス艦やら空母やら、護衛艦やら潜水艦やら
数々の現役だったり退役したのだったりの
軍艦を見ることができて
ボクの中の小学男子が興奮している^^

で、船を下りて、ドブ板を歩いて
海軍カレー発祥のお店へ
確かにうまい
ここでもボクの中の小学男子、大満足^^

そして、そっから、テロテロ歩いて三笠公園へ

この道中で、雨のはじめの一滴が落ちてくる

三笠記念館の中で、解説DVDを見ているうちに
そして元自衛官というおやじの
かなりいろいろと鼻につくしゃべりを聞いているうちに
傘がないとつらいな、というくらいの降りになる

せめて、見学が終わるまでもってくれれば...とは思ったが
あぁ、我が力足らず、雨は待ってはくれなかった^^;

 

スポンサーサイト

酸素ワーク、その3 かつきち、しくじるの巻

♪あ~いつは~、し~くじった~(フォーリン、ラ~ブゥ)
あ~たしも~、し~くじった~♪
とキャンディーズも歌ってましたが
(我ながら、なんちゅうマクラだ^^)

さて、いつものように
職場の昼休みにヘミシンクを始める

準備段階でガイドさんに
「酸素について教えてー!」
と呼びかける

フォーカス12に入り
フォーカス21に向かってカウントしているところで
あえなくクリックアウト^^;

金曜日はこのパターン多し
(でも、おもしろい体験できるのも金曜が多い^^)

ふと、気づくと、トイレが見えている
(立ち位置は、トイレの外です)

洋式のトイレで、床にびっしり青いタイルが
敷き詰められている

ぼーっ、と眺めていると、トイレのドアが勝手に
閉まっていく

フト、床をみると、ボクの財布が転がっている!

あぁ!ドアが閉まる前に拾わなきゃ!
と焦るも、いきなり視界がぶれて、うまく拾えない

それでも何とか財布を拾うことはできた
拾うと同時に中身を確認する

からっぽ...

かろうじて小銭入れに
十円玉が数枚あるのみ...

ここで、CDのナレーションが入り我に返る

----------------------------

これ、どう酸素とこじつけるか、悩みに悩みました
で、結論

ムリ^▽^

やっぱ、酸素とはじぇんじぇん関係ないよねぇ

でも、「見えちゃったモノはしょうがない」とゆった手前
ここに記事にします^^;

酸素ワーク、その2


これは、昨日(2014年4月20日 日曜日)のワークですが
あやにゃんさんと、シンクロしたかな?という内容なので
(決して、後出しじゃんけんではありません^^;
正真正銘、昨日、ボクがみたものです)

ここにシェアいたします^^

--------------------------------------------
ゲートウェイCD Wave6

いつもの準備を終えるとしばらくして
透明な水の中にいる自分に気づく

まわりは、色はなく、白い色の世界

水の底に積もった白い砂に横たわって
水の外の、上の、太陽を見ている

ブルーの要素はまったくなし

その太陽は、空一面覆った
薄い雲を通して射しているらしく

ボクは水底から、その柔らかい光を眺めていた

ここで、場面変わって
どこかのビルのエントランスホール

ぽやーんとしていると
自分と同じ背丈くらいの
グレイがむ~っと身を寄せてくる

グレイとゆっても、アーモンドアイではなく
胎児の表情をした(とゆっても、まだ目は開いていない^^)
ぷくぷくとした身体

その胎児の手に、きらっと青い光が射す

え?何?
と見ると、ラリマー

南国の海をそのまま映し出している

ん?もしや?
と思い、そのラリマーに飛び込んでみる

すると、さっきの水底から空を見上げている
状態に戻る

-----------------------

後半は、先日のマーヤさんのブログで
ラリマーが紹介されていたのに
ボクがコメントしたことの影響が出ているかもしれません^^;

ナイルは肥沃な土を運んでいるので
決して透明になることはないとは思いますが

もしかしたら、洪水の水位が極まった瞬間
静かに視界が透明になるところも
実はあったのでは

な~んて、妄想したりもしました

おっと、いけね!
で、酸素は!^▽^

もしかしたら、あの水底は
この地球ではじめて酸素が生み出された
風景だったりして

どうかなー、むりくりの、苦し紛れのこじつけですが^^

ま、かつきっつぁんのヘミシンク、こんなもんです^^

「見えちゃったモノはしょーがない」の精神で
是非是非、気楽に体験をお寄せくださいましまし^^

アファメーション、かつきちの場合

クッキングヘミシンク、第2回目は

アファメーション!

 

マサトさんの文章でも、大事だよ~
と強調されていた、このアファメーション


でも、ゲートウェイCDのナレーションで流れてくる
アファメーションは、普段使わないような
硬い固い言葉の羅列で、まずなじめないと思います
多分、英語を直訳しているからなんでしょうが
あれは、覚え切れませんよね
実際、ボクもまったく覚えていませんし^^;


ネット界には、ありがたいことに
そこらへん、助け舟を出してくれているところがありました
(リンク貼らないけど、大感謝であります)


その中の一つに、こんなアドバイスが

-----------------------------------------------------

【アファメーション5つのポイント】
1 私は肉体を越える存在です。
2 物質界を越える非物質界とそのエネルギーを体験し、知ることを心から望みます。 
3 この経験を元に、多くの人の役に立たせます。
4 知的存在たちの手助け、導き、守護を望みます。
5 ありがとう(感謝の気持ち)

-------------------------------------------------------

この5ポイントに沿って、自分なりの言葉でアファメーションを
作ってしまえばいいということだそうです

と、いうことで、アファメーション、かつきちの場合、大公開!^^v

1 ワタシは一つの宇宙であり、その宇宙を創造した神の投影である
(いきなり、大きく出ましたねー^^)

2 あらゆる宇宙の地図を手に入れて、その精魂を体験し、探求し
知り尽くし、使いこなすことを”ミ”の底から望みます

3 そうして、しっくりと”ミ”に落とし込んだ経験から来る波動は
おのずとワタシやまわりの人の役に立ちます

4 だから、ガイドやヘルパー、ハイアーセルフ
ヒューヒューとポーポーの手助け、導き、守護をこいねがいます

5 ありがとうー^^/


自分で作ってしまえば、忘れることも少ないです
(時々、出てこないときがあってそのときは焦りますが^^;)

最近は、マサトさんの文章から取り入れて
「ガイドさんに、おまかせします」も入れたりしていますし
堅苦しく述べるときもあれば
くだけた調子で呼びかけるときもあります
すべてはその日の気分です^^


おっと、「ヒューヒューとポーポー」に引っかかったあなた!
こんなキャラが記憶の片隅にあれば
かつきっつぁんと世代が近いです^^v

 

共同探索、大募集!(続き)、こんな感じでどうでしょう^^

さて「酸素」なんぞという

つかみどころのないテーマで

いきなし、共同探索を募集してしまった

かつきち君ではありますが^^


ぢゃあ、お前はどうなのよ

ということで

超ビギナーヘミシンカーの

「酸素」ワーク


-------------------

昼休みに、職場でヘミシンク

CDはゲートウェイWave6

最後のフォーカス21


いつもの準備でフォーカス12まで行き

そっからは、ひたすらガイドさんに

酸素~、酸素~、教えてくれ~

と呼びかける(あたしゃ、呼吸困難に陥った患者か^^)


ふっと、いきなし、富士山が見える

海越しに富士山が

あれ?これどっから見た富士山だろうと思っていると

今度は、昔、富士の山頂にあった

ジオデシックドームの測候所が目前に現れる

ボクは、え...っと、これと酸素はどう関係が...

と戸惑うところで、我に返る

----------------------------


ぜんぜん、「酸素」ぢゃないぢゃん!でしょ^^

でも、見えちゃったんだからしょうがないし^^

記録をとることが大事だということもありますので

メモ代わりに「見えちゃったんだから、しょーがない」データを

みんなで集めてみませんか



そこに意外なエンパスが生まれるかもしれない!

やってみようぜぃ!^^v





























共同探索、大募集!テーマは...

料理の鉄人の主催のように、タメを入れて^^

本日のテーマは(ばっっと、覆いの布を取り去りながら)
酸素!
(オーディエンス、ポカーン( ゚д゚))

ということで、ヘミシンク初心者で
ブログもはじめて間もないというのに
いきなり共同探索の募集です^^;

ただ、いかに手練れのヘミシンカーとゆえども
元素をテーマにすることは、なかなか、あるまいね^^
(ま、興味もないというところが、ホントなのかも^^;)

 

で、せっかく、ビギナーが呼びかける、初共同探索なので
こんなお約束で^^


とりあえず、ヘミシンクCD、なんでもOK!
フォーカス10でも、12でも、15でも、21でも、なんでもOK!
メディテーションでも、SOコードでもなんでも


とりあえず、ワークの最初、アファメーションのついでに
「ガイドさ~ん、<酸素>について教えてたもりませ♪」
は必ず呼びかけましょう^^
(あ、いや、表現は自分にしっくりするもので、やってください
場合によっては、「教えやがれ、この野郎!」でも、アリかもしれません^^;)


で、ワークの結果...


何も見えませんでした~(ioi)泣 もしくは (`Д´) 怒


OKです、コメントしちゃってください^^


かろうじて、ちらっと、こんなイメージが見えたよ~
の場合も、是非、コメントください


こんなイメージ、「酸素」とは、全然関係ないよなぁ~
と思っても!
見えちゃったモノは仕方ないんです^^
是非、コメントください
もしかしたら、エンパスのはたらきで
ぼくたちを意外なところへ連れていってくれるかもしれません^^v


メモ代わりに使ってくれれば、うれしいです



ゆる~く、いってみましょう^^そして、がっつりと見えてしまった場合
ブログもっている人は、それを記事にしてね
で、ボクに教えて^^


ブログもってない人は、ボクにこそっと教えて
お許しいただければ、記事にいたします


あ、期限ね、GW明けくらいまでとします(長いかな^^;)
ゆるゆるといきましょう!


「酸素」の次は、「水素」もあるし「炭素」もあるし
元素は何百とありますから^▽^

告白: Confession

今、ネットの英語辞書で検索したら
Confessionは(罪の)告白なんだそう

いや、そんな大それたカミングアウトでは
ござんせんので、どうかお気楽に
おつきあいくださいまし^^

つい先日
かつきちの裏家業の元締め仲良しの^^
ifさんが夢解釈の苦手なかつきちに(ほんと苦手なの^^;)
なりかわり、夢判断をしてくださいました

この記事↓
電車の夢/かつきっつぁん

その中で、こんな言葉が...
>次の世に行く覚悟が出来てない、物質的なコトが心配である、

ずがびーんー∑(_□_;)ii
図星です、ほんと参りました

実はちょっと前に、Pサイトのリンク先の不思議.NET
願い事手帳に関する記事がありまして
それを実践していたのです^^;

最初はおそるおそる、願い事を書いていたモノの
書いているうちにどんどん興が乗ってきて
あれやこれや、ちょっとすれば実現可能なことから
どうあがいても実現不可能なことまで
人に軽く言えることから、他人には絶対口外できないことまで
めったやたらと書きためているうちに
現時点で、300を越える願い事がラインナップされてしまいました

煩悩の数を遙かに超えた
今の世に対するボクの「ザ・未練」の展示会と相成っております

で、ヘミシンク中にガイドさんに相談
といっても、こちらから一方的に
「ガイドさ~ん、どうしようね~」と呼びかけるだけなんですが^^;

でも、そこでフト、アイデアが湧いてきます
「願い事手帳、捨てちゃえ」と

おぉ!これは「手放す」のひとつなのかも!と

願い事を書いていくことで
それまで、自分の中で、グズグズ、もやもや、ぐじょぐじょとしていた事どもを
とりあえず言葉化して、表に引きずり出しました

あとは、えぇい!と宇宙に解き放っちまうのも、アリかな、と

ということで、今、願い事手帳を捨てる方法を検討中
派手に燃やし尽くすか
静かに海に流すか

いや、なんか単にゴミ箱に放り込むのはもったいなくて
つまり、未練タラタラ、続行中^▽^

体脱記録 2回目

これは、去年の9月初めの頃の体験です

前回の体脱から3ヶ月近く経っていたと思う

-----------------------------------------------------
2013年9月2日(月)4:30

明け方近く、長い夢をいくつか見た後
なんの前触れもなく、身体が水に浮かぶ丸太のように回転を始めた。
くるくる回りながら、身体が起き上がっていく。
目の前に机が流れてきたところで、パタッと両手をついて回転を止めた。
しかし部屋の様子はほとんど見えていない。
 
そのまま一目散に玄関へ駆け込む。
今日の玄関は特段、変わったところはない
つっかけを履こうとして、今日は裸足でいいや、と思い直し
ドアを手で開けて外へ出る。
 
アパートの外廊下のすぐ下が、いきなり大通りになっている。
(ちなみに実際は大通りではありません)
 
雪が積もっていて、歩道は人の往来が結構あるのだけれども
車道はまったく除雪されておらず、車は一台も走っていない。
 
視界がセピア色のモノトーン。
厚着の人々がもくもくと歩いている。
 
外階段を降りて、アパートの外へ出る。
裸足に雪が触れると、ひやっとする感覚があるが、寒さは感じなかった。
 
車道の雪は、腰の辺りの高さまである。
もうちょっと、探検しようと思ったところで身体に戻ってしまった。
-----------------------------------------------------

ひやっとする感触を感じられたのがおもしろいです

身体に戻ってしまったときの残念感は強烈でした
ちょっ、ちょっと待ってくれ~
もうちょっと遊びたかったのに~
てな感じで^^

番外編: 真珠をほじってみたの記

さて、先日、しずさんより、伊豆旅行のおみやげとして
「人魚の涙」なる真珠採取キットをいただく
(しずさん、ありがとー!^^/)


こんなの↓



裏から見たところ↓
アルコールと蒸留水に包まれて
安らけく眠りについております





んで、取り出してみた
当然、しっかりと閉じています





で、開けてみた、というより破壊した
(真珠貝よ、ごめん)
さらに、貝のエッジで指を切るというおまけ付き^^:




結局、ほじりだす手間もなく
真珠さんの方から転がり出てきてくれました^^v


カタチは卵型

ひょっとしてこれは、某所で行われていた

宇宙卵共同探索とのシンクロでは!Σ(゚口゚;

(なんつって^^;)



説明によると、真珠の色によって
ピンク   恋愛
ホワイト  健康
クリーム   幸福
パープル  学問
ブラック   財産
だそうです。

この真珠の色は...
分からない!^^::

比較する対象がないんで
クリームにも見えるし、うっすらピンクがかっているようにも見える

ということで、かつきちのDNAカラーである
ピンクを採用します(ムリヤリ)

痛い思いもしましたが
なかなかおもしろい一時でありました^^



エネルギー変換ボックス、かつきちの場合

きのこさんのリクエストにお応えして
かつきちがヘミシンクの準備段階を
どうこなしているかを紹介していきます^^

これ、ほんと気になりますよねー
他の人は、どうやっているんだろ?って^^

今回は「エネルギー変換ボックス」
かつきちレシピ^^

レシピは人それぞれ千差万別だし
どれもこれも正解だと思うので
これはあくまでも、かつきちの好みと言うことで
ひとつよろしく^^

ヘミシンクをはじめた頃は、巨大なビルのようなコンクリートの箱を
イメージしていました

どこにも入り口も窓もない、中が空洞の箱

で、「オープン・ザ・ボックス!」(開けごま風に)声をかけると
屋上のあたりがジリジリとせり上がっていくところをイメージ
BGMはサンダーバードの2号機が登場するシーンで^^

で、箱の中は無限に広がる4次元空間

そこへいろいろな感情を放り込んでいきます
不安、恐れ、焦り、怒り、憎しみ、嫌悪、さげすみ、ねたみ、そねみ、ひがみ
くやしい、恥ずかしい、悲しい、切ない、などなどなど

放り込んだ後、すまんしばらくそこで遊んでてくれたまえ^^vと声をかけます

で、「クローズ・ザ・ボックス!」のかけ声で
蓋=屋上がじりじり下がってきて
ずーん、という音ともに、ただのコンクリートの箱に戻る

で、コンクリートの壁に「またね!」と声をかけて、遠ざかる

ということを、繰り返しているうちに
最初は灰色の普通のコンクリートが
なぜかカラフルになっていきました

あるときは黄色だったり、ピンクだったり
はたまた真っ黒だったり

特に意識してイメージしたわけではなかったので
不思議だなぁ、と思っていました

そして、そののち

先日のお話会で購入した水晶のポイントを
握りながらヘミシンクをしていると

なんとコンクリートだった変換BOXが
水晶の巨大な箱としてあらわれました^^

向こうの景色が透けて見えるけど、中は全く見えない

これまでと同じように、かけ声で蓋を開けて
同じように感情を放り込んでいくのですが
その感情のひとつひとつが一本の花としてイメージされていて
それをぎゅっと花束にして箱に放り込む
というふうに変わってきています

とくに意識して変えたわけではなく
イメージの方で自発的に育っていった感じです

そして、その水晶の変換ボックスが建っている場所も
なだらかな草原の丘だったり、浜辺だったりと変わっていきます

さて、ヘミシンクのゲートウェイCDが進んでいくと
エネルギー変換ボックスに用意されている時間が
どんどんどんどん、短くなっていきます

そこでのんびり遊んでいると
レゾナント・チューニングが始まってしまいます

いまだにボクは、レゾチューが流れてきて
いけね!とあわてるパターンが結構あります^^;

使い回し

いけね、遊んでいたら
もうおねむの時間^^;

かつきちのはじめての体脱の記録です

すでに知っている人、申し訳なし^^;

------------------------------------------
 
横向き(右側面を下)に寝ていると、突然、腹のあたりが大きく揺れ出す。
すぐにビリビリと電気が走るような感覚が来て、背中から自分が遠ざかる感じがした。
体感的には身体が沈み込んでいくようだった。
その状態で動けなくなってしまったので、寝返り法を試してみる。
ゴロゴロ転げ回っているうちに、いつの間にか
立ち上がることに成功。
そのまま玄関へ向かう。
玄関はゴミが散乱してひどいことになっている。
また、玄関に三脚のような細長いモノが立っている。
それに手を触れるといきなり絡みついてきた。
特に恐怖心は湧いてこず、邪険に振り払って、ドアから外へ出た。
外廊下を歩いているつもりが、いつの間にか室内に戻っている。
何年も人が住んでいない部屋のようで、ホコリが厚くたまっている。
もう一回外へ出る。
また室内に戻る。
を何回か繰り返した後、部屋の奥に進むことにした。
途中でネコちゃん一匹発見。
頭をなでて、イイコイイコ♪してあげる。
また奥へ進むと、縁台のある部屋に出て、庭に面していた。
縁台に巨大なゴム長靴が片方だけ置かれていて、なぜか印象に残る。
庭はやたら横に長く、手入れは全くされていないようで、雑草が生えている。
その庭の先には立木が何本か立っていて、ちょろちょろと水を流す装置があった。
さらにその先は、横に長く水平線のように続く塀で視界がしきられている。
塀の先はよく見えないが、絶景のパノラマが広がっていると思った。
なぜか日本ではなく、ヨーロッパの風景と感じていた。
もっと風景をよく見たいと思い、縁台を降りようとしたところで
ネコが傍らにすり寄ってきて、尻尾で腰回りを締め付けられてしまった。
動けなくなる。
くすぐったくて、やめてくれよと尻尾を外そうとするが、すごく堅くて外せない。
困ったなと思っていると、やっと締め付けが緩んだので
せーので縁台から飛び降りたところで、自分の身体に戻ってしまった。
戻るときも、背中から身体に入る感覚があった。
----------------------------------------------------
 
ひゅっと身体に戻って、その瞬間に目が開きました
え~、ここで終わり~!と叫びたかったです^^
絶景のパノラマ見たかったのに、あのネコのせいで(--:)
 
途中でなでなでしたネコと、尻尾で締め付けてきたネコは
同じヤツかどうか、よくわかりません
感じ的には違うネコのような気がしています
 
それよりなにより、これは明らかに明晰夢ではないと
自分で判断できます
体脱したなと、確信しました^^

職場でヘミシンク(続きの続き)

さて、エメラルド・タブレットの謎のマントラ、呪文です^^

ヘミシンクのゲートウェイCDはすべて
「準備」という段階を踏みます

エネルギー変換ボックス

レゾナント・チューニング

共鳴エネルギーバルーン

アファメーション

ただ、ゲートウェイのCDもたくさんあるので
そのCDによって、この「準備」にとってくれている
時間がまちまちで

たとえば、エネルギー変換ボックスに
いろいろワークに邪魔なモノをいろいろ放り込んで
かっちり蓋をするのですが
レゾチューが始まるまで、間が開いてしまう
ということがあるのです

その「間」を狙い澄ましたかのように
自我のアホめが、ぺちゃくちゃと話しかけてきて
よせばいいものを、ついつい、心ならずも、
そのおしゃべりにつきあってしまい、
気づいたら、鼻面つかまれて、いいように引きずり回されている、かつきち^^;
(ほんと不本意なのですーー:)

ほとほと困った結果、採用したのが
マサトさんの記事にあった
エメラルド・タブレットのマントラでした

ヘミシンク中、自我がぺちゃらくちゃらと来そうになると
とにかくマントラを唱えます^^

自我のおしゃべりが止まることはありませんが
とりあえず、それに引きずられることは止めることができます

そして、このマントラ
くりかえし唱えていることの副産物

終始、唱えていると、夢の中で
このマントラを思い出せるようになります!^^

ヘミシンク中に、あえなくクリックアウトしても
ふ、と気づいた瞬間に明晰夢に移行することがあります

そのときに、なめらか~に、エメタブのマントラを唱えることができました


あるときは
ラ・ウーム・イル・ガーン
がスムーズに出てきました

んで、あれ、もう一つ呪文があったはず、と思い
うーん、うーん、と思い出そうとするのですが、果たせず
ヘミシンクも終わる

でも別のヘミシンク中、寝オチしてしまい
はっと気づいて、明晰夢に突入
今度はドール・エー・ウル・ラーを唱えることに成功!
ただ、この呪文、2回唱えて、3回目を唱えようとすると
いきなし口が重くなり、もごもごしているうちに
こっちの世界に戻ってきてしまいました

唱える回数に制約があるのか、どうなのか
(いや、ボクはないと思ってますが^^)

職場でヘミシンク(続き)

ぺちゃくちゃと鳴りやまない「自我のおしゃべり」を
どうおさえるか、であります^^

ヘミシンクのゲートウェイでは
最初の準備というということで
エネルギー変換ボックス

レゾナント・チューニング

共鳴エネルギーバルーン(リーボール)

アファメーション
という手順を踏んでいきます

が、CDによってこの手順にとってくれている時間に
結構な差があるため
たとえば、アファメーションを終えても
次のガイダンス(ナレーション)まで
間が開いてしまうことが多々あります

その間を狙い澄ましたかのように
自我の野郎はぺちゃくちゃとしゃべりだします^^

そいつをどうすっぺやというわけであります

きっかけは先日のお話会in大阪で
マサトさんが紹介していたエメラルド・タブレットの
真言、マントラでした

ブログで記事にもされています
ナルポイントの楽しみ方
(※コメント欄も是非ご注目ください^^)

おっとエメラルド・タブレットとはこちら(新訳の方です)↓

エメラルド・タブレット/竜王文庫
¥1,836
Amazon.co.jp
ボクも読んでは見たのですが
波動が高すぎて、字面は追えるのですが
内容がまったく頭に入ってこないという
すごい書物です^^

超難解な高次元の情報を記した書物ですが
この本の最後にいろいろなマントラが開示されています
そこに,マサトさんの記事にも紹介されていたマントラ

ドール・エー・ウル・ラー(dor-e-ul-la)
ラ・ウーム・イル・ガーン(La-um-I-l-gan)

が記載されています


他にもいくつかマントラが記されているのですが
長すぎてボクには覚えきれない^^;
マサトさんによると、これ本来は体脱後に唱えるモノだそうなのですが
ボクは「自我のおしゃべり」を押さえる目的で使っています^^


とりあえず、そのマントラというか、呪文というか、真言というか
謎の言葉を唱えている間は
自我のおしゃべりも止まりますし


でも、それはそれで思わぬ効果があったりします


それは...


(続く)\(^o^)/

職場でヘミシンク

かつきちは職場で昼休みにヘミシンクをしております



仕事が一日中パソコンに向かって計算をしているもので

外回りではないということがありますし

昼休みに職場は消灯されて

周りのみんなも、寝るかパソコンでゲームしてるかくらいなので

誰にも邪魔されずヘミシンクができるのです^^



便器の便座のようなかたちの昼寝用枕(なんちゃって低反発枕)がありまして^^

そこに顔をつっぷして、そのままヘミシンクCDを聞いています



職場だからこそうまくいくときと、逆に職場だからこそ失敗するときもあります



ヘミシンクでは準備段階でエネルギー変換ボックスというのに

ワークの邪魔になるようなことどもを放り込むのですが

午前中の仕事の中で、カッティーンとなることがあると

ボックスにそのカッティーンなことを放り込んだにもかかわらず

その後のワークでも、じくじくじわじわと絡み付いてきて

それに引きずられて、集中できずに失敗します



逆に、じっくし集中できていて

お、体脱ちゃ~んす!というタイミングも来ます

しかし、そのちょうどいいタイミングで

隣の人が咳き込んで我に返り

体脱チャンスが、しゅ~んとしぼむこともあります



で、一番対処に困るのが

スピ系でよく言われる「自我のおしゃべり」



ヘミシンクのゲートウェイCDも1から6巻まで複数あって

それぞれによって準備段階にとってある時間が異なっているので

結構、間が空いてしまったりします



その「間」を狙って、自我の野郎がぺちゃくちゃとしゃべりだし

それに引きずられて、ワークが台無しになることも数多くあります^^;



んで、その「自我のおしゃべり」をなんとか静められないかー

ということで編み出したボクの方法...



(続く)^o^



















感情解放のワークをしてみた...ら

先日、Pサイトにて販売された、世間からはほとんど見えていない(まさに潜象だ!)マサトさんの文章について

 

マサトさんのブログが顕教ならあの文章はまさに密教なのだろうなと思った次第です(ちょっと空海に絡めてみました^^)

 

その文章の中で「感情を解放するワーク」がテーマとして取り上げられていて

 

それを実践してみたところこんなことがありました、という報告です

 

さて、舞台はかつきっつぁんが勤めている職場でございます

 

そこはかつきちを含めて日々6~8人のチームで業務をこなしているのですが

 

その中に一人(だけ)言わずもがなの余計な物言いで他のチームのメンバーをかっちーん!むっきー!とさせるヤツがいますとりあえず、こやつを「バカ1号」としましょう^^

 

そして、そのムカっ!な状況をチームのみんなはスルーしようと努めます

 

ただ一人をのぞいて、は

 

それにスルーできないヤツ(バカ2号としときましょう^^)がいていちいちバカ1号に食ってかかり一悶着のすったもんだで、業務が止まるという状況があったわけです

 

これ、なんでもない時ならいくらでも好きなだけもめてりゃいいじゃんこっちはスルーするだけだしぃ~なんですが

 

これが納期が切羽詰まったときにやられるとたまったものではありません(とりわけこの日は午後3時までに結果を出して、客先に報告しなきゃいけないときだったのです)

 

というわけでバカ1号、バカ2号に対する怒りが積もり積もっていたのでちょうどよい機会!ヘミシンクでこの怒りを解放してやろうと昼休みにワークを始めました

 

フォーカス15のフリーフローを使いました

 

とにかくバカ1号、2号に対して罵詈雑言の嵐を浴びせかけました^^;え?オレって、こんな汚い言葉吐けるの...(¬_¬)くらいに

 

そして、その後

 

またぞろ、バカ1号が大失言をかまし(本人は気づいてない^~^)チームの連中は「ここで、バカ2号がまた反応するんだろうな...」とうんざりしていたところ

 

なんと、バカ2号があっさり、スルー
そしてバカ1号も、余計な発言を重ねることなく、業務を続行する

 

逆にチームのみんな「...え?何、どういうこと?」状態に陥り、それはそれで仕事の手が止まる^▽^

 

それもつかの間、いつもの一悶着がなくなった効果絶大でそのときは、ありえない速度で仕事が片付き、
客先に対して、そば屋の出前状態にならずにすみました^^

 

こんなこともあるのねぇ~という一幕でありました^^

ブログはじめます!

みなさん、こんにちわ!^^/
かつきちです


ヘミシンクやってます


かたつむりのような、ノタリクタリとした足取りですが
ぼちぼちと見たり聞いたりもするようになってきました


試行錯誤のあれやこれやを綴っていきたいと思っております


さて、ブログを始めるに当たってのささやかなシンクロ


ブログのタイトルをど~しよ~かなぁ~と迷っていまして
最初思いついたのが「ヘミシンクパンポロリン」
あ、いやいや、それはパクリすれすれだ^^;


「野良」とか「野生」とか、<ワイルド>っぽいイメージを
取り込みたいなぁ~とか思いつつも
いろいろとあれやこれや考えた末「放浪記」をタイトルに入れようと思い至ります


でも、地味かな~、渋がってるようにみられちゃうかな~
とか思っていたところへ


ある日、たまたまネットで岩波文庫のサイトに飛んだ...ら
<今月の新刊>の筆頭に林芙美子の『放浪記』がラインナップされていた


おぉ!( ゚∀゚)!シンクロだ!
これで決まりだな!、ということで
ブログタイトルは「かつきちのヘミシンク放浪記」とした次第です


ときどき記事が舵をなくした船のように彷徨い
風まかせで流されるかもしれませんが
よろしくご贔屓のほどを^^