失敗ヘミシンクと思いきや瓢箪から駒

昨日のこと、いつものように職場の昼休みにヘミシンク

YouTubeで「binaural beat」で検索した中から適当なモノを選んで
「ガイドさん、おまかせでおねがいしまーす」
と机の上につっぷす

が、「自我のおしゃべり」が延々と止まらない
「あー、こりゃダメだなー」とあきらめたところ
なんの脈絡もなく「テレポーテーション」という言葉が浮かんできた

「テレポーテーション...できたら便利だよねー」と
間抜けなことを思っていると、ふとあることが想起されてきた

中学生の頃どっぷりはまった平井和正の「幻魔大戦」
主人公の東丈は絶大なテレキネシスを持ちながら
物語のはやいところで自らの力を封印してしまいます
曰く「”力”に頼ってはならない」と

そんなエピソードを思い出していた
そこへいきなり「彼は彼...」という声が聞こえてきた

ここで、あっ!と気付く
「これって、メンタルブロックのひとつでは」
メンタルブロック=刷り込まれた無意識の思い込み、ね

かつきちの癖に気付かされた
超能力のことを考えるとき、必ずセットで東丈の「”力”に頼ってはならない」を思い起こしていた
そして、かつきちも”力”に頼ってはいけない、と思い込んでいた、無意識に

これって潜在意識とのスムーズなやりとりをかなり阻害していたんじゃなかろうか
まさにブロック、壁^^

ブロックが見えていなければ対処のしようもないのだけれど
ブロックが見えてしまえばなにがしか処方箋が見つかるだろう
潜在意識とスムーズに交流することができるようになるかも

そこでハタとまた気付く
「テレポーテーション」という言葉を投げ込んできたのはガイドさんだったのかな、と
「彼は彼...」の言葉も

ヘミシンク中に結構悩まされる「自我のおしゃべり」
その「おしゃべり」の中に実はガイドさんの声が紛れ込んでいること多いのかも
今後はもっと注意して、そこらへんの差を取ることを目指そう^^v
スポンサーサイト

YouTubeで瞑想用の音源を漁ってみた

ひとまず、近況報告ということで^^


ずっとゲートウェイCDでヘミシンクをしてきたのですが
飽きが来てしまった^^;


ガイダンスの声がジャマになることもしばしば


そこでYouTubeで検索して見ると...
びっくしするほどたくさん出てくる!(@o@)


検索に使ったワードは
「ヘミシンク」「hemisync」
「バイノーラル」「binaural」
「ソルフェジオ」


かつきち、バイノーラルビートとは相性がいいっぽい^^
「プププププププ...」という単調な音ですが
マッサージされているようで
変性意識に入るのも早い気がする


今日はソルフェジオ周波数の396hzの動画を試してみました
この周波数は第一チャクラ、ムーラダーラに対応しているそうなのですが
聞き始めてすぐに、なぜか頭頂部あたり(第七チャクラ)がビリビリ反応
そして次に丹田のあたり(第二チャクラ)がポカポカとあったかく感じました
第一チャクラ近辺はとくにナニも感じず^^;なんでかな?


かつきちはいわゆる逆通勤(ラッシュと反対方向の電車に乗って通勤)に
恵まれているので、毎朝座って通勤しています^^v
最近、座って目を閉じてしばらくすると、変性意識に入ったのか
いろいろとイメージが出てくるようになりました
座れるとはいえ、駅に停まるたびに冷気が入り込んでくるので
とてもリラックスできる状況ではないのですが(てか、ぶるぶる震えている^^;)


とくにアファメーションもナニもしていないんだけれども
このときのイメージにはとにかくやたら「顔」が出てきます
見たことも会ったこともない「顔」のオンパレード


たいていはフラッシュのようにピカッと見えるだけで
目が合ったり合わなかったりです
でも、時々、ボクに何かを話しかけるように唇が動いている
イメージもあります
残念ながら声は聞こえない


「顔」以外では、あと「水」に関するイメージかな
必ず流れている水の映像です


以上、近況報告でした^^/

脱くりっくあうと!

かつきちは職場の昼休みに
机につっぷしてヘミシンクをしています


場所が場所だし
つっぷしているのも決して楽な姿勢ではないので
寝落ちしてしまったとしても
すぐまた浮上していたのですが


さすが人間、慣れの動物なんですねぇ^^;
最近、寝落ちしたらそのまんま
CDの終わりのガイダンスで
ハッと目覚めて、あちゃ~となるパターンが多くなりました


そこで対応策^^


かつてサルバドール・ダリは
眠たいときに、椅子に座って、手にスプーンを握って
うつらうつらとしていたそうです


で、寝落ちすると手からスプーンが落ちてハッとなる
その瞬間に見えた映像をインスピレーションに
創作活動をしていたらしい


かのアインシュタインもスプーンではなく
コインを使って同じコトをしてたとのこと


これは利用させてもらうっきゃないでしょう^~^v
ただ、どうやってスプーンやらコインやらを持ってたのかまでは
分からない


とりあえず、机に肘をついて腕を立て、手を楽にする
そして手の甲に十円玉を乗せてヘミシンク開始


開始してしばらくは、十円玉の冷やっとした感触が
手の甲を動き回っているような感じがして落ち着かない


それでも、いつもの手順を踏襲してフリーフローに入る


こんな状況でもクリックアウトする瞬間がやってくる^^;
ただ反応は今までよりも遙かにビビッド


スッと落ちる瞬間、腹をはじめとして体のいろんなところが
ビクッと反応して意識がこちらの世界に戻ってきます
ボク的には結構な衝撃を感じるのですが
十円玉を落とすことはなかった^^


ただ如何せん、本人的には結構な衝撃なので
意識がはっきりしすぎてしまう


起きている状態と寝ている状態の中間
顕在意識と潜在意識の境目ゾーンを漂うことを
狙ってはいるのですが
モロ顕在意識の方に戻ってしまいます
今のところ


ということで、この実験、しばらく続けてみます^^v

ボクのレゾチュー対策

さて、かつきちは職場でヘミシンクをやっているので
ゲートウェイCDでは必ず出てくる
レゾナント・チューニングができません


やってもいいんだろうけれども
そこまで自分を捨てきることはできない^^;


声は出さないエア・レゾチューでもいいよ
とどこかで誰かが言っていたので
しばらくはそれでしのいでいたけれども
すぐに飽きた^^;


んで、レゾチューの時間を黙ってやり過ごすんだけれども
これがやっかいのタネ
自我がもーれつにおしゃべりをはじめて
ヘミシンクどころではなくなる


ということで、最近のボクのレゾチュー対策
「般若心経を唱える!」ジャーン!( ̄^ ̄)V ブイ


とりあえず、自我のおしゃべりを止めることができる
そして、レゾチューが終わると同時に
般若心経も唱え終えることができたときは
いぇい!(。+・`ω・´)シャキィーン☆
となって、とっても気持ちいいの
(5,6回に一回くらいの成功率だけど^^;)

ヘミシンク中に感じること


だいぶのこと、更新が空いてしもうた^^;


毎日、ヘミシンクはやっております
ハテナの共同探索ばっかやっているので
あっちでシェア記事をアップしようと思っとります


明日以降、シェア記事を載っけるので
どうか、こっちものぞいてくださいまし^^v
ハテナのコミュニティー


とわゆえ、駆け出しヘミシンカーかつきち
「見えちゃったもんは、しょーがない」と言いつつも
”見えちゃってすらいない”^^;
記事にしよーもない、ヘミ体験が多く
痛し痒しの毎日です(まぁ、言い訳です^^)


ということで、最近ヘミシンクで「あで?」と気づいた点をひとつだけ


しずさんだったかな、ヘミシンクやってると音に敏感になると言ってたのは
かつきちもようやく、「あ、それ、ほんとだ~」と分かるようになりました


ボクはゲートウェイCDのフリーフローを主に聴いているので
ナレーションでビクッとくるのは当然として


職場の休み時間にヘミシンクしていると
周りの人のアレコレにビクッとくることが多くなりました


不思議と大きめの音ではなく
普段気づきもしないような音に


話し声とか、くしゃみとか、咳払いとか
モノをどさっと置く音とかは、ナンデもないんです


遠くの席の人のため息とか、紙をめくる音とか
そういうかすか~な音が空間に波を起こして
自分にぶつかってくるのを感じちゃうんです


波がぶつかると、ぼくの腹のあたりがびくっと反応します^^


これも変性意識のなせる技なんだろうな~と思っております
(ほんとかどうかは知らん^^;)