旅先で(プチ)体脱

先日の週末にまたフラフラと出歩いたのですが
それを記事にするのがめんどくさい、時間がかかりそうなので
まずこれを記事にしよう

旅先で健康ランドに泊まる
大きなお風呂にドボンと浸かって
酒、ぐぁ~っとかっくらって
仮眠室でコテンと寝た

ふと意識がはっきりする
視界は真っ暗
体は動かない

体脱チャンスタイム、到来!^^v

体が回転するところをイメージすると
やがて回転がはじまり
仮眠室中をゴロンゴロンと転げまわって^^;
立ち上がることに成功!
(お約束のガッツポーズ!^^)

仮眠室はほぼ人で埋まっていたはずが
そこはガランとして誰もいなかった

部屋の外に出ようと入り口へ向かう
扉が襖の引き戸に変わっていた
(こっちの世界ではちょっと重めのガラスドア)

襖の取っ手に手をかけて...
取っ手に手がかからない
手がズボッと襖に埋まってしまっている

ここで”すり抜ける”ことを思いつけばいいのに
このときは全く念頭にも浮かばなかった^^;
気にせず襖を引き開ける
戸はなんなく開いた

廊下に出ると、そこはしもた屋に変わっていた
ところ狭しと和服が並べられた古着屋っぽい
白地に赤の矢絣の生地が何故か目に残った
店主とおぼしき女将さんは、どうみてもマネキンのよう

その隣もお店があるっぽい
ちょっと見てみよう...と一歩踏み出したところで
体に戻った


あ...、戻っちった、残念
また、ムニャムニャ...

今度は夢の中
いつものコンタクトレンズが出てきて
これが夢だと気づく

カジュアルな服屋さん
その服をしきりにコーディネートしてくれようとする
若い男性
そしてありがた迷惑気味のかつきち^^;

とにかくコイツとは距離を取ろうと間合いを図っている内に
明晰夢終了


体脱と明晰夢は同じもの、という意見がありますが
今回、はからずも体脱と明晰夢を続けて体験した結果
かつきちの印象としては、別物という感想

体脱は「あ、俺、体抜けだした!」という実感がある
「明晰夢」にはその感覚は感じられないんだよなぁ、かつきちの場合

スポンサーサイト

またしても「プチ」体脱

ちょっとさぁ~、どうなってんのよ、ガイドさ~ん
また「プチ」よプチ!



昨日の日曜の明け方
脳みその中心がビリビリとまではいかない
ジジジジジジジという感じでしびれていることに気づいた
体は動かない
なんか初めての感覚だけど、これも金縛りだよね
と思いながら、体の回転をイメージする

ゆったりとスムーズに体は回転していく
仰向けになったところで回転は止まった
よいしょっと立ち上がる^^
そしてついでに机の上のデジタル時計を手にとって時間を見た
「12:52」

あれ?普通の時間の表示だと、拍子抜け
でもその机、こっちの世界の部屋にある場所とは全く違うところにありました
ただ体脱しているそのときは何とも思わず
ガッツポーズ&お散歩開始!

キッチンを抜ける
あいも変わらず暗い
玄関のドアを開ける...前に
ふとキッチンに置いている姿見に自分を映してみた

ちゃんと自分の顔が見えた^^;

そしてドアを...すり抜けるのはもう諦めた
手でノブを回してドアを開けて外にでる

外は冬の夕方のような弱~い日差しの明るさ
そして一面の更地!
そして更地の真ん中に巨大なマンションが絶賛解体中

マンションは遥かな天上から地の底まで
フロアごとに解体作業中の作業員やら重機やらが見えていた

ほぇ~っ(@o@)
となったところで体に戻ってしまった



なんで?
なんで、「プチ」ばっかしなんだ
最近の体脱は!

以前のほうが、もうちっと長くアストラルに滞在できていたのに!
もっともっとアストラル界を散歩、探検したいのぉ!
ガイドさん!頼むよ、チカラを貸して~

あ、今思いついた
あのマンションはバベルの塔だったんだな
かつきちの宇宙のバベルの塔=プレアデスがとうとう解体されるときに至ったのだな、と

また「プチ」体脱

旅行記が滞っている間に、また「プチ」体脱

今朝の2度寝のとき
うっすらとした金縛り状態に
あぁ、意識だけ覚めているんだな、と
体の回転をイメージした

ほどなく、ゆっくりと四方八方めちゃくちゃに
体が回転していく

5回転くらいで椅子につかまり体脱成功^^v

夜はとっくに明けているのだけれど
部屋は暗い
キッチンを抜けるが、視界がものすごく歪んでいる
ドア板に手を当てて押す...すり抜け出来ず
体ごと押し付ける...やはりすり抜けできず^^;
やっぱりノブを回して外に出た

外も夜の暗さ
ドアを閉めようとしたら、段差を踏み外した時のように
体がズボッと落ちてドキッとした

まぁ、いいや、アストラルのお散歩開始~♪
と足を踏み出したところで、体に戻った

前回と同じく、本番まで行けない「プチ」体脱でありました
さて、これから旅行記の続きを書かねば^^;

プチ体脱

夜中の3時に小便で目が覚める
また布団に戻りウトウト...

頭にビリビリと衝撃が走る
おー!金縛り
体が回転するさまをイメージしていると
超~ゆっくりとした回転
2回転したあたりで布団から外れて
うつぶせの状態になった

そこでよいしょっと立ち上がって体脱成功!
ガッツポーズ(お約束^^)

部屋は真っ暗
いつものごとくキッチンを抜け...
玄関のドアを見ると、郵便受けから
明るい昼間の光が差し込んでいる
あら珍しいとばかりドアを開け...たのか、すり抜けたのか
よく覚えていない
アパートの外廊下に出ていた

景色は何の変哲もない昼間の住宅街
ただこっちの世界とはまったく違う景色
坂道と自転車が見えた

足を一歩踏み出すと、場面が変わってしまった
ものすんごく広い、コンクリートでできた空間
昏い
コンクリートの壁には鉄で出来た通路やらドアが
上から下まで、はるか奥までびっしりと取り付けられている

なんだこれ...と思っているうちに、また場面が変わる
ひたすらーブルーの世界
ブルーしか認識できなかった^^;

と、ここで体に戻ってしまった
あっという間に終わってしまった、プチ体脱でありました

アストラル界のモフモフ系

いやぁ~、ひっさびさの体脱であります^^;

休日は早い時間から酒を呑んでしまうせいか
寝るのも早い
若い頃は、遅くまでダラダラ呑んでいたんだけれども
おっさんになって、ホント眠気に勝てなくなった^^;;

寝るのが早いと、目がさめるのも早い
BSWをごくっと飲んで、デジタル時計を見る
まだ3時台

あっちゃ~、ナンテコッタイ、寝よ寝よ

また目が覚める
時計を見る
4時半

あ~、もったいない、寝よ寝よ

しばらくしてまた目が覚める
起き上がってテレビのスイッチを入れた
画面真っ暗
チャンネルを回す
でも何にも映らない

あれ~と思いながらデジタル時計を見る
「75:11」!
フリーズする、かつきち^^

そして気づく
「これは夢だぁ!」
思わずガッツポーズ^^v

部屋は真っ暗
そのまま急いでキッチンへ

この季節、六畳間とキッチンの間は
引き戸で閉めきっていますが
引き戸を開けることなくキッチンへと入れた
おぉ!すり抜け成功!やったー^^v

キッチンを抜けて玄関のドアに手をかける
ドアが勝手に開いた^^;
え?と疑う暇もなく外へ出て
手でドアを閉めるかつきち
やはり外は暗い

アパートの外廊下はこっちの世界と同じだった
ただ裏の家があるあたりが更地になっていて
日が沈むか沈まないくらいの
ほんのりとした夕日色に染まっていた

さぁ、アストラル界のお散歩開始!ということで
アパートの外階段へ向かう

ここで思い出す
幽体離脱も間もない頃は
空を飛んでしまうと
すぐに体に戻ってしまう
とあるサイトに書かれていた
むしろ強めに足を踏みしめたほうが
体脱時間を長く取れると

そのアドバイス通り
のっしのっし足を踏みしめながら
外階段を降りる
ただ、振動も音も感じなかった

すると階段の下から3分の1ほどのところに
猫が寝そべっていた
茶トラ系

逃げちゃうかなーと思いつつ
猫のそばをそっと降りる
意に反して猫は逃げなかった

そこで側に腰掛けて、猫をなでてあげた
手触りはモッフモフ、とことんやわらか~い体の感触が伝わってきた

その猫がぴくっと頭をもたげる
「猫じゃない!」

猫とウサギの中間のような生き物
ふと下を見ると同じような生き物が3,4匹集まっていた
そしてその子たちが立ち上がって
ひとっとかつきちに引っ付いてきた

ついつい癒やされてしまうかつきち^^;

おっと、癒やされているばやいぢゃない
アストラル界の探検を続行せねば
と、モフモフたちを引き離して立ち上がったところ...

こっちの世界に戻ってしまった



夜中に目が覚めてまた寝に入る時
ガイドさんに「体脱させて~」とお願いした記憶があります

明け方のほどよい睡眠状態で
うまく変性意識状態にもっていってくれたのでしょう
しかも「これなら鈍いかつきちでも気づくだろう」と
夢の中でまずテレビのスイッチを入れさせました
今のかつきちの部屋にはテレビはないので

しかし、気づけないかつきち
次いでデジタル時計のありえない時間を見せた
「え!」となりようやっと明晰夢に入ることが出来ました

ガイドさん...
いつもいつもお手数おかけしますです^^;