夢についてメモ

詳細は覚えていないんだけれど...
どうも夢の中でコミュニティができていて
かつきちはそこの一員として暮らしているらしい
夢をよく見るようになった

毎回登場する顔ぶれはぜんぜん違う
でも夢の中のかつきちは
よく知っている人たちとして
親しげに交流している

また登場する街も毎回まったく違う
でもかつきちはよくその場所を知っているらしく
普通に電車やバスに乗って出かけたりも

こっちの世界とあっちの世界の境界が緩み始めているのかな...
とトンデモなことを感じている
スポンサーサイト

成子坂?

いつものごとく夢の話^^


あたりは夕日に照らされたような金色に輝く世界
でもボクは夕方なんて思ってもいない
子供かつきち、「うわーい^^v」「やっほー^^v」と遊ぶ気まんまん

そのかつきちの前に、前の職場の嫌な野郎が
自転車で現れる
ものすごいにこやかな表情で

どこかから「ナルコザカ...」と聞こえてきた
そしてそのヤナ奴は自転車にまたがって走り去っていった

思わず追いかけるかつきち^^;
んなことする必要もないのに

かつきちが夢でよくあるのは
走ろうとするも、体がとにかく重くて重くて
コールタールの池をもがいているような(そんな経験ないけど^^;)
息を切らしながら、のっそりのっそり
気はあせるあせる、のっそりのっそり
というパターン

今回は違った
体も軽やかに走って
自転車を追いかけていく

が、見失った^^

ザーッという水の流れる音がした
滝の音

気づくと切り通し
右側の崖一面に水が滝のように流れていた

ふと足元を見ると
倒されて汚れた看板がひとつ
「しば桜」と書いてあった


自転車の野郎はねぇ
ほんといい思い出のない
糞野郎でしたよ^^:
ぶん殴っていいくらいの

でも、その後にノコノコ走ってついていっちゃった
あれもガイドさんなんだろうなぁ

そしてそいつを見失って気づいた
切り通しの崖全面を流れ落ちる見事な滝!
とにかくすごい風の強い日の夕日のような
金色に照らされている世界で
黒い崖を背に流れ落ちる白い滝

そうそう、自転車についていく前に聞いた
「なるこざか」

かつきちには「成子坂」としか変換されない^^
呼ばれているんだろうな
今度の休みに行ってみるよ^^v

このところの夢の傾向

夜寝ている時の夢
最近、気づいたんだけれども
一晩に同じ夢を繰り返し見ている

マサトさんがいうところの
かつてフォーカスと呼ばれていた
今はマカバのスタジオで繰り広げられる
演じものなのか

ガイドさんが伝えたい重要な内容なのか
それにしては、ここでは書けないほど
あまりにもくだらない夢なんだけれども^^;

例えば
「帰ってきたウルトラマン」の頃の団時朗のスナップ写真が見えてる
と思ったら、ラジオのスタジオみたいなところになって
団時朗が怪獣の着ぐるみを上半身は出した状態で入ってくる

これを2回か3回はみた、それも一晩のうちね^^;;

ただでさえ意味不明な夢の数々
(最適な翻訳をする波動に達していないともいう^_^)
それを繰り返し見させられてもなぁ...

これが最近多い
ってか、やっと気づいたというべきか

多分、ガイドさんたちの取り計らいなんだろう
こんだけトロい鈍いかつきちでも、これだけすりゃぁ、いいかげん気づくだろうって

あぁ!ガイドさん!ごめんよぉ~
いまのところ、まったく分かってないんだんよぉ~(ioi)
何故に繰り返し団時朗(?_?)


かつきち、団地をさまよう

かつきち、夢で子供の頃住んでいた団地を訪れた
と、思い込んでいた

今思い出すと壁の色や号棟の数字など
実際のものとは全く違っていたのだけれども
なぜかそう思い込んだ

そこでボクは盆踊りの案内のチラシを配るため
団地を駆けまわっている

ある部屋は喫茶店みたいなガラス戸の入り口になっていて
呼び鈴を押すと住人が乳母車を押しながら出てくる
ジュディ・オングっぽい美人だった

また別の棟に入って階段を登っていると
妙な空間が現れる
とにかく広くて薄暗い
本棚があって赤本(大学入試の過去問のヤツ)でびっしり埋められている
「あれ...図書館かな...」とさらに歩いて行くと
今度は漫画でびっしり埋められた本棚
インド料理屋っぽい店が見えた

広大なショッピングモールのようなところに変わっていた
そして思った
「あ!ココ来たことがある!」
久しぶりに来ることができた空間に嬉しくなり
歩きまわっていると、駐車場のようなところに出て
気づくと棟の外、団地のはずれにぽつんと突っ立っていた

社殿が美しい神社が目に入る
「こんなとこに神社、あったっけ...」と訝っていると
配るはずのチラシが無いことに気づいた
「いけね!」とチラシをとりに戻る
ものすごい飛ぶような速度で団地の中を走り抜ける

目的の棟が見えてきたところで目が覚めた


なんとも、とりとめのない、まとまりのない「ザ・夢」ですが^^;
かつきちの実感としては体脱に近いように思えました

途中入り込んだ、広大なショッピングモールのような空間
多分、子供の頃にも夢で訪れていたんだと思う
また行きたいな...と思いつつ忘れてしまった場所
ひたすら懐かしく、嬉しさに浸るかつきちでありました

夢に親父殿登場

久しぶりに夢に親父が出てきた


かつきち、車の助手席に座っている
顔を見たわけではないが
運転しているのは親父だとわかった

どこかの高原地帯の森のなかの道を走っている
急に車の後輪がガタガタとし始める
どうもパンクしたらしい

そのまま道沿いにある民家の敷地におじゃました
その民家は廃屋で、窓ガラスも破れていて誰も居ないっぽい

親父は後部ドアを開けて工具を取り出す
修理を始めようとしたそのとき、かつきちに何か語りかけた

具体的な言葉は忘れてしまったが
夢の中のかつきちは、親父が言っている「言葉」は分かった

が、親父が言おうとしていることが全く理解できない

親父が2,3度、言葉を繰り返したが、状況変わらず
かつきち、何故か突然キレだした^^;
「分かんねーよ!なんでいっつもそうなんだ!」

そして親父も怒りだしたところで目が覚めた


時々、親父が出てくる夢は見ますが
今回は初めてのパターン

それまで、揉めるなんてことはなかったんだけどなぁ

どうした親父、ぢゃない、どうしたオレ^^;;