母の口癖

かつきちのおふくろ様は
どーゆーワケか部屋の模様替えが好きな人で
夏に向かって、冬に向かってカーペットを変えるときはもちろん
なんでもない普通のある日突然

「のり!(←かつきちのこってす^^)手伝って!」
とタンスを動かし始める
子供かつきち、「え~エ…(*´・д・)ャダ」と思いながら
重い家具をうんしょうんしょと母子で動かす

そしてそのおふくろ様
自分でタンスを動かしておいて
次の日
タンスのものを取ろうとして
今まであった元の場所に行く^^

そこで必ずいうセリフ
「習慣とは恐ろしい!」

いい加減、耳にタコができるほど聞いてきたので
逆に不感症になっちまったのかもしれないが
これ、ガイドさんがかつきちの母親を通して
教え込みたかったことなのではないか...
と今気づいた^^;

「毎日のルーチンに埋もれこんで、感受性を鈍らせるなよ」的なみたいな

そしてね、最近、逆のパターンにも気づいた
その決まりきった毎日のルーチンにまごつく瞬間がある
(若年性の認知症という診断は却下ヾ(´_っ`))

トイレットペーパーを取るときに
自分に向かう方向で巻き取るのか
その反対方向に巻き取るのか
一瞬迷うみたいな
「あれ、オレ、どっちだったっけ」
(認知症という意見は<(゚3゚)>キコエマシェーン)

こういう時、パラレルの扉が開いているんじゃないか

「習慣とは恐ろしい」
ちょっと、呪文のように唱えてみよう^^v
スポンサーサイト

ザ・金塊!

もう、この暑さにやられっぱなし^^;
2週間ほど前に伊豆半島をグルっと回ってきたのですが
記事にする気力なし

ということで、写真一個だけアップ^^v
どーんっ!!
20170717.jpg
西伊豆は土肥の金山にて
ギネスにも認定された世界一の金塊だそうです
250kg!

皆様にも(ボクにも)大金運が訪れますように\(^o^)/

ありゃ、また...

なんと、マイ・フェイバリット・アーティスト中島みゆきが
倉本聰と夫婦役で「やすらぎの郷」にカメオ出演していたらしい

ネットの記事で初めて知った^^;

で、その記事の最後に、その夫婦を見つめる
山谷初男...との記述が

アレレレ!?(・_・;?

彼、死んだはずでは...

まぁ、よくある芸能人が死んだ、死んでないの話
かつきちも詳細に突っ込まれれば、勘違いで片付けてしまう
よくある話しなんだけれども...

youtubeにね、彼が歌っている「三丁目の電柱」の動画があるの
とつとつとした、アジのある歌い方が好きで、一頃よく見てた

そして彼の訃報を聞いて
「あ~、あちらに帰られたのね」と思いながら
その動画を繰り返し見た記憶が、かつきちにはある

また、パラレルを移動したようだ^^

旅先で(プチ)体脱

先日の週末にまたフラフラと出歩いたのですが
それを記事にするのがめんどくさい、時間がかかりそうなので
まずこれを記事にしよう

旅先で健康ランドに泊まる
大きなお風呂にドボンと浸かって
酒、ぐぁ~っとかっくらって
仮眠室でコテンと寝た

ふと意識がはっきりする
視界は真っ暗
体は動かない

体脱チャンスタイム、到来!^^v

体が回転するところをイメージすると
やがて回転がはじまり
仮眠室中をゴロンゴロンと転げまわって^^;
立ち上がることに成功!
(お約束のガッツポーズ!^^)

仮眠室はほぼ人で埋まっていたはずが
そこはガランとして誰もいなかった

部屋の外に出ようと入り口へ向かう
扉が襖の引き戸に変わっていた
(こっちの世界ではちょっと重めのガラスドア)

襖の取っ手に手をかけて...
取っ手に手がかからない
手がズボッと襖に埋まってしまっている

ここで”すり抜ける”ことを思いつけばいいのに
このときは全く念頭にも浮かばなかった^^;
気にせず襖を引き開ける
戸はなんなく開いた

廊下に出ると、そこはしもた屋に変わっていた
ところ狭しと和服が並べられた古着屋っぽい
白地に赤の矢絣の生地が何故か目に残った
店主とおぼしき女将さんは、どうみてもマネキンのよう

その隣もお店があるっぽい
ちょっと見てみよう...と一歩踏み出したところで
体に戻った


あ...、戻っちった、残念
また、ムニャムニャ...

今度は夢の中
いつものコンタクトレンズが出てきて
これが夢だと気づく

カジュアルな服屋さん
その服をしきりにコーディネートしてくれようとする
若い男性
そしてありがた迷惑気味のかつきち^^;

とにかくコイツとは距離を取ろうと間合いを図っている内に
明晰夢終了


体脱と明晰夢は同じもの、という意見がありますが
今回、はからずも体脱と明晰夢を続けて体験した結果
かつきちの印象としては、別物という感想

体脱は「あ、俺、体抜けだした!」という実感がある
「明晰夢」にはその感覚は感じられないんだよなぁ、かつきちの場合

どなたか覚えている方、いらっしゃいませんか^^

小学校あがりたての頃かなー
かつきちらローソクのような洟を垂らしたボクタチに
映画の案内が来た

その頃、まず映画とゆえばテレビで見るものと決まっていた
かつきちの家では^^
そもそも映画館というものがあることを知らなかったぞ、かつきちは^▽^

なんでも市民会館というところで映画をやるんでおいで、のチラシ

で、誰からともなく、「行ってみる?」的な雰囲気になって
洟垂れガキンチョ、6,7人が
谷底の団地からバスに乗って
台地の上の役所の方へワイワイと行った

見た映画は「こむぎいろの天使」

少年がたまたま、蛇に食われそうだった雀の子を助けて
育ててやり、また野生に帰すというもの

その当時は知る由もあるわけないが
主人公を演じていたのは松田洋治
その父親がジェリー藤尾

...

ここで改めてネットを見てみたら...
父親役は下川辰平、チョーさんだったのね...

パラレル違いか^m^

Youtubeで検索すると
どうやらリメイクがあって、そっちが出てくる

どなたか、40年前の「こむぎいろの天使」を
覚えている方、いらっしゃいませんかぁ~( 」´0`)」オォーイ!